女優の山本舞香が、テレビ東京ほかにて4月7日よりスタートする新ドラマ『SR サイタマノラッパー~マイクの細道~』(毎週金曜24:52~)に出演することがわかった。

2009年3月に1作目の映画が公開されるやいなや、連日満員で立見を記録するなど話題をさらった『SRサイタマノラッパー』。続く2作目(2010年)、3作目(2012年)も数多くの賞を受賞するなど、若者を始め多くの観客を魅了した。そして、初のドラマ化となる本作は、IKKU(駒木根隆介)、TOM(水澤紳吾)、MIGHTY(奥野瑛太)のSHO-GUNGメンバー3人が、俳句を詠みながら旅した松尾芭蕉と同様に、“リズム”と“魂のラップ”を刻みながら旅する“ロードムービードラマ”。東北各地を彷徨いながら、ずっと追い続けてきた諦めきれない夢、青春、そしてケジメをつける姿を描く。

山本が演じるのは、青森・大間出身の家出少女・香田トーコ。SHO-GUNGらに囲まれ紅一点の中、珍道中に花を添える。演じる上で、山本は「見た目からヤンチャな役に初挑戦します。方言にもチャレンジするのですが、想像以上に難しいです。これから皆さんと楽しく撮影して、良い作品をお届けしたいと思います」と意気込みを述べた。

また、ひょんなことからSHO-GUNGの三人と旅することになるトラックドライバー・カブラギ役に、皆川猿時が決定。「うおー! ええ。興奮しております。だって、大好きな『SRサイタマノラッパー』だもーん! しかも、大好きな地方ロケだもーん! まぐろー! ええ。浮かれないようにがんばります」とコメントを寄せている。

そのほかにも、SHO-GUNG一行が訪れる各地に、それぞれ豪華ゲストが登場予定。続報に期待が高まる。

南海キャンディーズ・山里亮太原作のドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系、毎週金曜24:12〜 ※一部地域を除く)の第9話(特別編)が、11月27日に放送。今回は、脚本監修も務める山里、ヒロイン(聞き手)の滝沢カレン、司会のパンサー・向井慧が、ドラマの魅力やプライベートを語った。

ページトップへ
Twitter Facebook