ソニー損保のCMに出演している注目の若手女優・唐田えりかが、テレビ東京系列にて7月8日(金)よりスタートする新ドラマ『こえ恋』(毎週金曜24:52~25:23)で、主人公・吉岡ゆいこ(永野芽郁)の“恋のライバル”役として出演することがわかった。

本作は、累計1200万ダウンロードを突破した人気マンガ・ノベルアプリ「comico」で連載中の同名マンガが原作。紙袋をかぶった男子高校生“松原くん”(こえ:櫻井孝宏)と、彼に恋する女の子・ゆいこの姿を描いた青春恋愛ドラマだ。なぜか紙袋をかぶって生活しているクラス委員長の松原くんと、彼の素敵な声と優しさに惹かれていくゆいこ。そして、女子に免疫のない堅物生徒会長・兵頭誠(竜星涼)など、ちょっと変わった高校生たちも登場し、これ以上なくピュアでかわいい“胸キュン必至のラブストーリー”が展開する。

本作で、連続ドラマに“初本格出演”となる唐田は「不安もありますが、楽しみでいっぱいです! 玲那と私自身、一緒に成長出来たらなと思っています。沢山の人に支えてもらいながら頑張っています!」と意気込みを語った。

唐田が演じるのは、ドラマのオリジナルキャラクター・緑川玲那。学園理事長の孫娘で、松原くんに恋をしているという役どころ。そんな玲那との共通点を聞かれると、「似ているところは結構あると思います。好きな人ができた時に、かわいく見られたいって思うところとか(笑)。あと、正義感の強さに共感します。大好きな家族や友達が困った時には、私が助けなくちゃ! って思います」と明かし、「似ていないところももちろんありますが、そういうところも含めて玲那が好きです。気持ちをはっきりと伝えられるところとか、玲那はすごいなって思います」と、役への思いを語った。

伊藤健太郎と柏木由紀(AKB48/NGT48)がW主演を務めるドラマ『この恋はツミなのか!?』(TBS、毎週火曜25:28~)の第3話「迫る影」が12月18日に放送。(※MBSは放送済 毎週日曜24:50~)斎藤工が、柏木演じる多恵の恩師で彼女が将棋の道に進むきっかけを作った加藤先生役で登場する。

ページトップへ
Twitter Facebook