テレビ東京系列で毎週日曜に放送中のアニメ『遊☆戯☆王ARC-V(アークファイブ)』(17:30~18:00)に、アニメ「遊☆戯☆王」シリーズ3作目「遊☆戯☆王5D's」に出演したキャラクター「ジャック・アトラス」と「クロウ・ホーガン」が登場。この度、ジャック役の星野貴紀とクロウ役の浅沼晋太郎からコメントが到着した。

――意気込みをお聞かせください。

星野:再びジャックを演じることができて本当に嬉しいです。『ARC-V』は様々な召喚方法が入り乱れる、まさにエンターテインメントな作品。ジャックの真の力をやっとお見せできるのでは……とワクワクしています。

浅沼:「5D’s」で2年半演じてきた思い入れのあるキャラクターですので、こうしてひさしぶりに登場させて頂けるのは本当に光栄です。とはいえ、はじめましてのキャストさん、スタッフさんばかりの新シリーズですので、新たな気持ちと初心をもって挑みたいと思います。

――視聴者の方へメッセージをお願いします。

星野:「5D’s」の放送が終了してもなお、皆さんからいただく熱い声援に本当に感謝しています。その想いをバーニング・ソウルに変えて、ジャックを演じ切りたいと思います! ジャック・アトラスは応援してくれる子ども達を決して裏切りはしない!

浅沼:「5D's」を応援してくださっていた皆さん、お久しぶりです。お初にお目にかかる皆さん、初めまして。作品の中のいいスパイスになれればと思っていますので、応援よろしくお願いします。

さらに、2016年に公開予定の映画『劇場版 遊☆戯☆王』のメインキャストが決定。主人公・武藤遊戯役を風間俊介、そのライバル・海馬瀬人役を津田健次郎が演じる。2人は、2000年から2004年にかけて放送された「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」でも同役を演じており、劇場版で再びタッグを組むことになる。『劇場版 遊☆戯☆王』はなんと、シリーズの中でも特に人気の高いファーストシリーズのアフターエピソードを描いた完全オリジナルストーリーとなっており、テレビシリーズでは描かれなかった、誰も見たことのない遊戯と海馬の壮絶な決闘が繰り広げられる。

現在も破られていない『千と千尋の神隠し』の興行記録 2匹のネズミと2人の小人が迷路の中に住み、チーズを探す・・・これは平成十三年に、約350万部を売り上げるベストセラーとなった「チーズはどこへ消えた?」(扶桑社刊)冒頭の記述を要約したものだ。医学博士・心理学者であるスペンサー・ジョンソンによるこの本は、1999年度の全米ビジネス書ランキングで1位となったことを受け、2000年(平成十二年)11月に...

ページトップへ
Twitter Facebook