2つの視点で楽しめるドラマ 現在放映中のドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS)は、2つの視点で楽しめる作りになっている。 1つは、日曜劇場らしい企業ドラマとしての側面だ。 原作・池井戸潤、プロデューサー・伊與田英徳、演出・福澤克雄の座組は、過去に『半沢直樹』や『下町ロケット』、『陸王』なども生み出した鉄壁のトライアングル。今回も、左遷されたエリート社員の君嶋(大泉洋)が、低迷するラグビーチームのG.

次回 1月24日(日)よる10時30分 日本テレビ系で放送の新日曜ドラマ「君と世界が終わる日に」。本作は日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、日本テレビ系日曜ドラマにてSeason1を放送、全10話で一度完結を迎える。その後に、3月よりHul

ページトップへ
Twitter Facebook