菅田将暉

菅田将暉が、8月15日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演する。

菅田は、2009年『仮面ライダーW』にシリーズ最年少の16歳で主演に抜擢され俳優デビュー。その後、数々の話題作に出演した菅田は、高い演技力で人々を作品の世界へと引き込み、瞬く間にトップ俳優の階段を駆け上がった。

デビュー作『仮面ライダーW』について語る
デビュー作『仮面ライダーW』について語る

年間9本もの映画に出演し絶大な人気を誇る菅田だが、俳優だけに留まらず、ミュージシャンとしても才能を発揮。昨年はNHK『紅白歌合戦』に出場し、飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せている。

そんな菅田が、「実力もなければ経験もない普通の高校生だった」と、デビュー当時を振り返る。「初めての作品が“仮面ライダー”で、お芝居をしたことがなかった。監督に、“明日からの君たち次第でこの長い歴史が終わるかもしれません”っていきなり仮面ライダーの歴史を背負わされて……」と切り出すと、同作出身の俳優がその後も活躍できる理由を分析する。

一方で、元々は数学の先生になりたかったという。勉強が好きだった少年時代のエピソードをはじめ、米津玄師あいみょんなど、一番刺激を受けるという同世代のアーティストやクリエイターたちとの貴重な出会いについて語る。

数学の先生になりたかったという
数学の先生になりたかったという

さらに、同じ事務所の先輩・中村倫也からメッセージが到着。菅田が思わず苦笑いしたメッセージの内容とは?

【配信終了:2020年10月29日(木)】動画はこちら売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。10月22日(木)の放送では、歌手のhitomiが、今だから語れる小室ファミリー当時の裏話を大暴露!安室奈美恵、華原朋美、TRFらとともに、1990年代に一世を風靡した小室哲哉率いる"小室ファミリー"の全盛期を支えた歌姫hitomi。当時、小室ファミリーで仲が良かったアーティストは「いないですね」とあっさ

ページトップへ
Twitter Facebook