12月30日(月)17時30分から放送される、TBSの年末恒例特番『第61回輝く!日本レコード大賞』の記者会見が16日に開催され、優秀作品賞を受賞したAKB48欅坂46DA PUMP乃木坂46日向坂46Foorin、最優秀歌唱賞を受賞した市川由紀乃、新人賞を受賞した海蔵亮太新浜レオンBEYOOOOONDS彩青が出席した。

「サステナブル」で受賞したAKB48向井地美音は「グループとしては11回目の出場で、本当にうれしい。(同曲の)歌詞のようにAKB48をずっと好きでいてもらえるように明るくパフィーマンスを頑張りたい」と挨拶。

今回、優秀作品賞10作品中、秋元康プロデュースのアイドルグループが4作品を占める形になったが、「その中の1つとして出演できることもうれしいですし、秋元先生のプロデュースでアイドルができている幸せを改めて感じています」と感慨深い様子で明かし、「たくさんいるアイドルの中でAKBが一番明るく元気なパフォーマンスをしたい。最年長のゆきりん(柏木由紀)さんは30歳まで頑張ってくれると言ってくれていますし、一番元気にパフォーマンスをしてくれています。私たちも負けずに頑張りたい」と笑顔で宣言していた。

乃木坂46は「Sing Out!」で3年連続の大賞を狙うが、齋藤飛鳥は「この曲はメンバーもスタッフさん共に、たくさんの方に良さが伝わるようにすごく頑張った曲なのでうれしい」と打ち明け、「2年連続で(大賞を)いただけたことは奇跡だと思ってます。グループのことが好きなメンバーたちが集まっているので、今はメンバーと一緒にいられる時間を大切にしたい。30日もステージに来られないメンバーの分の気持ちも背負って、乃木坂46への愛を伝えられるステージになれば」と思いを語った。

欅坂46は「黒い羊」で大賞を狙うが、菅井友香は同曲について「世代を問わずたくさんの人に響く楽曲だと思っていますし、私たちにとっても大切な1曲。思いを込めてパフォーマンスしたい」と思いを。また先輩グループに対して「大先輩のAKB48さんや乃木坂46さんがいらして誕生できたグループ」と感謝し、「秋元さんプロデュースのグループとして自覚を持ち、これからも楽曲を届けられるように精いっぱい頑張りたい」と誓った。

日向坂46は「ドレミソラシド」で、デビューした年に優秀作品賞を受賞するという快挙を達成。佐々木久美は「デビューした年に選んでいただけるとは夢にも思ってなかったので、光栄です」と目を輝かせながら明かし、「先輩たちがあってからこその私たち。名に恥じぬよう、デビューした年にしかできないパフォーマンスをやりたい」と意気込んだ。

「パプリカ」で史上最年少での大賞を狙うFoorinのもえのは「私たちがこんなに素晴らしい賞に選ばれると思っていなかったのでうれしい。支えてくれた皆さまに感謝の思いでいっぱいです」と満面の笑み。ひゅうがは「今、緊張していて背中は汗でびっしょりです」と打ち明けて会場の笑いを誘い、「とにかく楽しんでパフォーマンスしたい」と笑顔を見せた。

昨年に引き続き受賞したDA PUMPのISSAは「ここに呼んでいただけるだけで光栄。楽曲が素晴らしいので、僕らがパフォーマンスすることで、それが多くの人に伝わり、1人でも元気になってくれる方がいたらいいなと思っています」と真摯に明かし、「当日はゆきりんとFoorinに負けないように、元気いっぱい頑張りたいと思います!」とはつらつと宣言し、記者陣を笑わせていた。

会見では、AKB48、乃木坂46、欅坂46、日向坂46に対して、「他グループへのライバル心やここだけは負けないという部分は?」という質問も。柏木は「最初にできたグループなので歴が長いです」と返して爆笑を呼び、「AKBらしく元気にパフォーマンスして。全グループが一緒にステージに立つことは意外とないのでありがたいですし、お互い切磋琢磨して高め合っていけたらなと思います」と気合十分。

続けて乃木坂46松村沙友理は「ゆきりんさんは最年長とおっしゃっていましたが、(私は)1歳違いくらいで実は同年代ですが、元気さでは負けると思う」と苦笑いするも、「『Sing Out!』は“みんなで一緒に歌おう”という意味。その曲を歌ってるときは、メンバーそれぞれ心が通じ合っているなと感じていたので、メンバー同士のグループ愛や心の共鳴度は負けないと自信を持っています」と力強く明かした。

また、菅井は欅坂46について「楽曲のメッセージ性はすごくあると思っているので、私たちはそれを精いっぱいお伝えできるように頑張りたい」と答え、佐々木は日向坂46について「先輩たちに早く追いつけるようにというパフォーマンスをしてます。若いメンバーも多いので、フレッシュさでは負けないように頑張りたいと思います」と意気込んでいた。

司会は、安住紳一郎TBSアナウンサーと土屋太鳳が担当。2019年の「日本レコード大賞」候補となる「優秀作品賞」「最優秀新人賞」候補となる「新人賞」など、各賞受賞者&曲は下記の通り。

【優秀作品賞】(曲名/歌手名 ※曲名50音順)

「ECHO」/Little Glee Monster
「片隅」/三浦大知
「黒い羊」/欅坂46
「サステナブル」/AKB48
純烈のハッピーバースデー」/純烈
「Sing Out!」/乃木坂46
「大丈夫」/氷川きよし
「ドレミソラシド」/日向坂46
「P.A.R.T.Y.~ユニバース・フェスティバル~」/DA PUMP
「パプリカ」/Foorin

【新人賞】(※50音順)
海蔵亮太
新浜レオン
BEYOOOOONDS
彩青

【特別賞】(※50音順)
菅田将暉
竹内まりや
米津玄師

【最優秀アルバム賞】
「9999」/THE YELLOW MONKEY

【優秀アルバム賞】(※アルバム名50音順)
「いつか、その日が来る日まで…」/矢沢永吉
「瞬間的シックスセンス」/あいみょん
「Sympa」/King Gnu
「美らさ愛さ」/夏川りみ

【最優秀歌唱賞】
市川由紀乃

【作曲賞】
岩崎貴文 
「限界突破×サバイバー」/氷川きよし

【作詩賞】
石原信一 
「最北シネマ」/松原健之
「雪恋華」/市川由紀乃

【編曲賞】
大橋卓弥常田真太郎 
「青春」/スキマスイッチ

【企画賞】(※タイトル名50音順)
「GUNDAM SONG COVERS」/森口博子
「大航海2020 ~恋より好きじゃ、ダメですか?ver.~」/高田夏帆
「微吟」/ちあきなおみ
「My Bouquet」/伊藤蘭
「Love Covers」/ジェジュン
「令和」/ゴールデンボンバー

【日本作曲家協会選奨】
丘みどり

【功労賞】(※50音順)
金井克子
園まり
袴田宗孝
ビリー・バンバン

【特別功労賞】(※50音順)
有馬三恵子
内田裕也
千家和也
萩原健一

【特別音楽文化賞】
ジャニー喜多川

【配信終了:2021年6月17日(木)】動画はこちら売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時放送)。6月10日(木)の放送では、官能小説界のレジェンド作家・睦月影郎さんが、成り上がり伝説から小説執筆の裏側まで大暴露!現在65歳の睦月さんは23歳の時に官能小説家としてデビュー。美少女系、熟女系をはじめ、ジャンルに囚われない作風で人気を博し、600以上の作品を発表した官能小説界の文豪だ。レジェンド級の睦月さんのMA

ページトップへ
Twitter Facebook