紐倉哲(山下智久)、野桐俊(清原翔)

山下智久主演の金曜ドラマ『インハンド』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第6話が、5月17日に放送。NHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演し注目を集める清原翔が、変わり者の日本陸上界エース役でゲスト出演し、山下演じる主人公・紐倉と変人同士の対決を繰り広げる。

本作は、隔週発行の漫画誌「イブニング」(講談社)に連載中の朱戸アオによる同名コミックを原作としたサイエンスミステリー。右手はロボットハンドの義手、性格は人嫌いでドSという寄生虫を専門とする天才科学者の紐倉が、お人好しの熱血助手・高家春馬(濱田岳)や、クールでやり手な美人官僚・牧野巴(菜々緒)と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑む姿を描く。

<第6話あらすじ>
正式に内閣官房サイエンス・メディカル対策室のアドバイザーとなった紐倉(山下)は、助手の高家(濱田)を連れて内閣府にあるSM対策室を訪れる。

牧野(菜々緒)は対策室のメンバーに、紐倉と高家を紹介。そこで、メンバーの網野(光石研)が早速、紐倉に国民栄誉賞の授与が検討されている日本陸上界のエース・野桐(清原)のドーピング疑惑について調べてほしいという相談を持ちかける。

最初は拒否しようとした紐倉だったが、高家の必死過ぎる頼みによって渋々承諾。紐倉と高家、そして牧野は、ドーピング疑惑の真相を探るため、練習中の野桐に会いに行く。

陸上界の異端児と言われるだけあって、レース前後に野獣のような雄叫びをあげたり、謎のダンスを踊り出すなど、謎めいた行動が多い野桐。変人な上に傲慢な性格で、紐倉にも執拗に突っかかってくるのだった。

そんな中、紐倉は野桐の“ルーティン”に着目。そこからあることに気付いた紐倉は、さらに詳しく調べるため、野桐の高地トレーニングを観察するために高家を連れ出すが……。

山本耕史が主演を務めるドラマ『抱かれたい12人の女たち』(テレビ大阪、毎週土曜25:26~※関西ローカル)の第3話が、10月19日に放送される。MEGUMIをゲストに迎えて、山本と即興の恋愛劇を繰り広げるが、MEGUMI演じる女性は“元男性”で……。

ページトップへ
Twitter Facebook