主演の戸田恵梨香とムロツヨシ

戸田恵梨香ムロツヨシが、10月スタートの金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系、毎週金曜22:00~)に出演。恋人役として共演することがわかった。

本作は、ラブストーリーの名手で人気脚本家の大石静が紡ぐ完全オリジナルドラマ。主演の戸田が演じるのは、若年性アルツハイマーにおかされる女医・北澤尚(きたざわ・なお)。ムロは、彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家・間宮真司(まみやしんじ)を演じる。自分を忘れていく恋人を愛し続けることはできるのか? そんな2人の10年にわたる愛の奇跡を描く王道の純愛ラブストーリー。大石は、「すっかり便利になった今、恋にも障害が少なくなりました。障害がないと切ない想いも芽生えにくいせいか、世の中の男女は劇的な恋より、ちょっと楽しくリスクの少ない関係を好むようになったと感じます。その風潮を否定もしませんが、ドラマの中では、常識や道徳のはるか向こうにある1組のカップルの“震えるような恋心”を、視聴者の方に体験していただきたいと願って、このドラマを書きました」と、メッセージを寄せている。

戸田は、今回の役どころについて「尚は、いい意味でつかみどころがあるようでない人だなと思いました。あとは、真っ直ぐですね。ものすごく理論的であり、堅い人にみえる反面、能動的というか、本能的で……。それが1人の女性って、どういうことになるのか興味があります。真っ直ぐな尚の気持ちに真司の心がどこのタイミングで動くのか楽しみです」と分析。

また、ムロへの印象について「初めてお会いしたのが20歳の頃だったと思うんですけど、その時は、よく分からない人だなと思いました。とにかく楽しそうな人だと。それからは一緒にお仕事させて頂き、いつも楽しませていただいております。とにかく、みんなを笑わせてくれる人だと思います。今回純愛ラブストーリーのお話を頂き、お相手がムロさんとお聞きし、『ムロさん?』って思いました(笑)」と。一方のムロは「今回、純愛ラブストーリーのお話を頂き、お相手が戸田恵梨香さんとお聞きし、戸田さんは本当にOKされているのかと疑いました(笑)」と明かす。

最後に戸田は、「今回、ムロツヨシさんと純愛ラブストーリーを繰り広げます。私は、若年性アルツハイマー病の女性を演じるんですが、病気を抱えているかどうかということは関係なく、たくさんの方に共感してもらえて、何かをハッと気づかせてくれるような、生きる力を届けてくれるような、そんな作品になればと思っていますので、ぜひ楽しみに待っていてください」とメッセージを送った。

<あらすじ>
北澤尚(戸田)34歳。レディースクリニックの医師として忙しく働く充実した日々。雷が落ちたような恋をしたことはないけれど、条件にぴったりの年上の医師・井原侑市(いはら・ゆういち)との婚約が決まり、プライベートも順風満帆だ。結婚式まであと1か月と迫った新居への引越しの日、尚は元小説家で引越しのアルバイトをする無愛想な男・間宮真司(ムロ)と運命的な出会いをし、2人は恋に落ちる。初めて本気の恋に突き進む尚と真司だったが、2人の愛を阻むように、尚が若年性アルツハイマー病におかされていることが発覚する。それでも真司は、ピンチを笑いに変えて、明るくけなげに尚を支え続ける。

34歳にして、若年性アルツハイマーという病におかされてしまった真っ直ぐな女性と、そんな彼女に恋をした売れない小説家の、美しくも儚いラブストーリー。真司は、偶然の出会いと尚のアルツハイマー病をきっかけに、お互いを愛することの意味や喜びを知っていく。そして、尚の存在が真司の眠っていた才能を再び呼び起こしていく……。尚がいつか自分のことすらも分からなくなる運命の中で、真司が一冊の本に綴る尚と生きる日々と愛の行方……。なぜ、何のために、真司はその本を書いたのか? 2人が綴る本当の愛の物語、その結末とは?

2015年の箱根駅伝5区で驚異的な区間新記録を樹立し、“山の神”とよばれた神野大地選手が『炎の体育会TV』に「マスク・ド・ランナー」として参加。 天才キッズたちと急勾配の坂を走る「800m山登り対決」で、圧倒的な走りを見せてくれました。 2015年の箱根駅伝5区で驚異

ページトップへ
Twitter Facebook