浜辺美波高杉真宙森川葵といった若手俳優が出演することで話題の新ドラマ『賭ケグルイ』(MBS/TBS系ネット、1月スタート)の追加キャスト8名が発表された。

浜辺主演の本作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の、河本ほむら原作、尚村透作画による同名大ヒット漫画が原作。浜辺が演じるのは、ギャンブルの強さで生徒の階級を決める名門校に転入した主人公・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)。一見お淑やかな美少女だが、実はギャンブル狂の夢子を「危険な存在」と判断した生徒会は、百戦練磨の刺客たちを送り込む。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが展開される。高杉は、学園内で最下層とされる家畜“ポチ”に実を落としている鈴井涼太役、森川は夢子のライバルとなる凄腕ギャンブラー・早乙女芽亜里役を演じる。

今回発表されたのは、映画『坂道のアポロン』映画『虹色デイズ』と2018年も注目作が待機中の中川大志、NHK連続テレビ小説『まれ』に出演して注目を集めている中村ゆりか、モデル、歌手など幅広い活躍を見せる三戸なつめ、『仮面ライダー エグゼイド』に出演した松田るか、『咲-Saki-』シリーズの岡本夏美、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』での演技も話題になり、4月からのNHK連続テレビ小説『半分、青い。』にも出演が決定している矢本悠馬、映画『あさひなぐ』の松本妃代、『動物戦隊ジュウオウジャー』の柳美稀の8名。

中川は、絶対的権力で百花王学園を牛耳る生徒会の役員にして、時期生徒会長の座を狙う野心家・豆生田楓(まにゅうだ・かえで)役。中村は、生徒会長に絶対の信頼を置く生徒会役員・五十嵐清華(いがらし・さやか)役。三戸は、同じく役員の一人で、子どものような顔と非道な顔を併せ持つ黄泉月るな(よもつき・るな)役を演じる。

そして今回は、夢子が各ゲームで対戦する相手も発表。第1のゲーム「投票ジャンケン」で戦う芽亜里役は森川だが、第2のゲーム「ダブル神経衰弱」で夢子に挑む、大企業の令嬢にして絶対的資金力を持つ一年生・皇伊月(すめらぎ・いつき)役には、松田が決定。第3のゲーム「生か死か」で夢子を陥れようとする、淑やかな風貌の裏に冷酷さを隠し持つ西洞院百合子(にしのとういん・ゆりこ)には岡本。第4のゲーム「二枚インディアンポーカー」で夢子、芽亜里の前に立ち塞がる、政治家の息子で不良生徒の木渡潤(きわたり・じゅん)役に矢本。その木渡に絶対服従を強いられるも、ゲームのキーパーソンとなる女子生徒・蕾奈々美(つぼみ・ななみ)には松本。そして、第5のゲーム「ESPゲーム」を仕掛ける、生徒会で最も危険な人物・生志摩妄(いきしま・みだり)を柳が演じる。

『賭ケグルイ』は、MBSでは1月14日にスタート(毎週日曜24:50~)、TBSでは1月16日にスタート(毎週火曜25:28~)する。

清野菜名と横浜流星がW出演を務める2020年1月12日スタートの日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の追加キャストが発表。山口紗弥加、山崎樹範、吉田美月喜、中田圭祐、祷キララら、5人の出演が決定した。

ページトップへ
Twitter Facebook