本田翼主演のスペシャルドラマ『嘘から始まる恋』(日本テレビ系)が、6月27日に放送。本田演じる嘘のない真実の愛を探す主人公と町田啓太演じるハイスペックイケメンの恋愛模様にインターネット上では様々な反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、今年1月に放送された『アプリで恋する20の条件』の監督とスタッフが手掛ける“胸キュン必至”な新感覚ラブコメディの第2弾。本田の恋の相手役を町田が務めるほか、山本舞香神尾楓珠も出演した。

同じ青森出身の彼氏に嘘をつかれて、婚約も破棄された葛西莉子(本田)は、彼氏を見返すために従姉妹の篠原友里(山本)と話題のナンパスポットにやって来る。そんな2人に声をかけてきたのは、ナンパに慣れている後輩系イケメン・泉晴彦(神尾)だった。晴彦は先輩のハイスペックイケメン・鴨下淳之介(町田)をダシに2人を誘い、そのままこっそり友里と店を出ていってしまう。

残されて戸惑う莉子は、淳之介の「ハズレ押し付けやがって」という言葉にヒートアップ。淳之介との言い争いの末、怒って席を立ったところを別の男性に口説かれ、飲み直すことに。「浮かれやがって」と莉子の様子を離れた席から伺っていた淳之介は、ある勘違いから騒動を起こしてしまう。

最悪の出会い方をした2人は、晴彦が企画したリモートでの人狼ゲームで再会。あの日以来、莉子のことが気になっていた淳之介はチャットで莉子をデートに誘い、関係を深めていく。

ドラマは莉子と淳之介の恋模様を中心に展開。本田はつい津軽弁が出てしまう天真爛漫な莉子をコミカルに演じ、町田は大手商社勤務で自信家な淳之介を好演。「ハイスペックな俺にふさわしいハイスペックな女がいないだけだ」「それを言うなら“ナルシシスト”だ」「俺は俺と付き合いたい」などの迷台詞でドラマを盛り上げた。

ネット上では、2人の演じたキャラクターに反響が続出。「本田翼ちゃんのはしゃぐ感じ、めっちゃ可愛かった」「ばっさーがひたすら可愛い」「淳之介がとにかくずっとカッコよくてかわいかった」「淳之介さんの様子のおかしいイケメンぶり面白かった」などのコメントが寄せられた。

地上波放送直後からは、Huluオリジナルストーリーとして、地上波では描かれなかった、“隠された嘘”や“恋のその後”を盛り込んだ「嘘つき達のホンネ編」が配信されている。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、9月17日(金)から10月期のスペシャル企画として「米倉涼子ドラマ特集」と「窪田正孝ドラマ特集」がスタート。2人が出演するドラマ作品23タイトル(182エピソード)が無料配信される。

ページトップへ
Twitter Facebook