波瑠が主演を務める水曜ドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第8話が、12月9日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

『きょうは会社休みます。』『世界一難しい恋』を手掛けたチームが贈る、恋愛弱者のラブコメ第3弾となる本作。脚本を務めるのは、『ホタルノヒカリ』『連続テレビ小説 スカーレット』などを手掛けた水橋文美江。面倒な恋愛より一人がいいと、悠々自適の人生を送っていた産業医・大桜美々(波瑠)が、こんな時代に「このままでは一生一人かも」と孤独と焦燥を感じ、そこから恋のぬくもりを不器用に追い求める姿を描く。

第7話では、ついに思いの通じ合った美々(波瑠)と青林(松下洸平)のプラトニックなイチャコラに、インターネット上では「今季一緊張感のないベッドシーン」「最高なイチャコラ見せつけてくれてありがとう!」「これはヤバいな胸きゅんが止まらない」などと反響が寄せられた。

<第8話あらすじ>
初めて打ち解けた会話ができた美々(波瑠)と青林(松下)は、順調な日々を送っていた。この日々がずっと続いてほしいと思う美々は富近(江口のりこ)から恋愛を終わらせないために結婚があると聞く。それなら「結婚……してもいいかなァ」。

青林(松下洸平)、美々(波瑠)
青林(松下洸平)、美々(波瑠)

そんな中、朝鳴(及川光博)に出世コースへの異動の話が舞い込む。一方、八木原(HiHi Jets高橋優斗)もいよいよプロポーズをすることになり……。

青林の父が幼馴染との結婚をまとめるため再び来るという。美々は青林が昔、好意を抱いた幼馴染に嫉妬する。しかしやって来たのは叔母の典子(石野真子)だった。

美々を恋人だと紹介する青林だったが、典子は幼馴染との話を断るための嘘だと疑う。そんな結婚をめぐる騒動の中、ストレスを溜めた美々にある異変が起きる。

青林(松下洸平)、美々(波瑠)、典子(石野真子)
青林(松下洸平)、美々(波瑠)、典子(石野真子)
ページトップへ
Twitter Facebook