クリエイティブディレクターの小栗了さんが、11月30日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系、毎週月曜21:00~)に出演。密着取材の中で、父・小栗哲家さんとのインタビューや弟・小栗旬との家族ならではのエピソードが語られた。

弟は日本を代表する俳優、父親はオペラの舞台監督、母親は元バレエダンサー、そして妹は元衣装さんという、華麗なる芸能一家の長男である了さんは、現在、有名テーマパークの演出や企画を手掛けるクリエイティブディレクターとして活躍する。

番組では、30年ぶりにテレビ出演するというオペラ界の巨匠とも呼ばれる哲家さんに、同番組司会の羽鳥慎一がインタビューした。哲家さんは、旬が大河ドラマに出ていることを母親から聞かされたと言い、子役をやっていることも知らなかったと回顧。教育方針について羽鳥が質問すると、特別な教育方針はないとしながらも、「基本的な教育まではやってあげるけど、それからは自分で選べばいい」と、勉強するもしないも自由だが、どうなっていくかは自分の責任であることは伝えてきたと話す。

続いて「良い演出家とは?」と質問すると、哲家さんは「才能が山ほどあれば良いですけど、才能がない場合は人からフレキシビリティ(柔軟)にいろいろと取れば良いんですよね」とコメント。了さんもそんな父の背中を見て育ったことから、「一人でモノを作れるのは圧倒的な天才だけ。僕は自分の身の丈はわきまえているので、人の助けや支えがないとモノを作れないと思っている」と密着中に口にした。また、父から「裏方を軽視するな」と教わったことから、小栗兄弟はADから全員の名前を覚え、敬意を持ち接していると明かす。

旬の影響を受け、20代の頃は了さんも役者を目指し活動していたが、チャンスをもらえても生かしきれず、哲家さんからは「お前は表出るよりも裏の方が絶対向いてるから」「一家に二人俳優なんかいらねえよ」と言われていたと告白。すると哲家さんは、「僕が言ったのではない。旬が言った」とカミングアウト。実は、旬が兄の役者としての振る舞いを見ている中で、大部屋のキャストをまとめる姿を目にした際、「お兄ちゃんそっちの方が向いてるから制作とかやらしたほうがいいんじゃない?」と父に助言。早くからその資質を見抜いていたのは旬だったと打ち明けた。

そんな弟に対し了さんは、「思った以上にアイツはすごい努力をする」とし、若い頃から現場には絶対に台本を持ち込まないなど、地道な努力を続けてエキストラから這い上がってきた俳優だと言い、「アイツは俺は叩き上げだと思っていて、そこが僕自身すごく尊敬しているところなんですよね」と父と同様、尊敬する人物だと語った。

インターネット上では、「小栗パパもお兄さんの了さんもカッコよかった」「小栗家のお話聞ける良き時間でした」「小栗家のお話すごく良かったなぁ」「家族を尊敬してるって臆面なく言えるというのはすごいことだよね」「はーやっぱり名前覚えるって大事だよね……すごいなぁ」「小栗家仲良くて素敵だな」といったコメントが寄せられた。

次回、12月7日は「今こそ群れない人は本当に幸せなのか?」と題して放送される。

材料【シマさんの和風煮込みハンバーグ】(ハンバーグ) 合挽き肉500g 卵1個 玉ねぎ1/2玉 米パン粉(パン粉でも可)大さじ3 豆乳(牛乳でも可)大さじ3 出汁パック2個 塩適量 コショウ適量 油適量 氷適量 水適量 レンコン1/3個 しいたけ3個 スナッ

ページトップへ
Twitter Facebook