有働由美子、明石家さんま、上田晋也

来年7月に開幕する「東京2020オリンピック」の日本テレビ系の中継で、明石家さんまがキャプテン、上田晋也くりぃむしちゅー)がスペシャルサポーター、有働由美子がスペシャルキャスターを務めることが明らかになった。

さんまは、2000年シドニー五輪、04年アテネ五輪、08年北京五輪、12年ロンドン五輪と、16年リオ五輪と、夏のオリンピックでの出演は今回で6度目。カール・ルイスやテニスのシャラポワ、棒高跳びのイシンバエワなど世界のトップアスリートを取材してきた。

また上田は、12年ロンドン五輪、14年ソチ五輪、16年リオ五輪、18年平昌五輪を現地で取材。『Going!Sports&News』(日本テレビ系、毎週土曜・日曜23:55~)のキャスター歴はすでに10年を超え、同局のスポーツ特番やオリンピック番組なども担当し、選手取材も数多く行ってきた。

一方、そんな2人とタッグを組む有働は、日テレ系キャスターは初挑戦。NHK時代は長野五輪やシドニー五輪など担当してきたこともあり、豊富な現場経験と取材力を生かして、アスリート紹介やレポートを担当する。

3人と日本テレビスポーツ局 「日テレ系東京オリンピック中継」プロデューサーの紀内良彦氏から届いたコメントを紹介する。

<明石家さんま>
どのメンバーで来るかわからないですが世界最高峰のバスケットの決勝は楽しみです。陸上の桐生選手とは収録でもご一緒しているし、知り合いでもあるので期待しています。リレーメンバーにも入ってほしいですね。新体操女子団体も取材させてもいただいたので注目してます。シドニー五輪でも経験しましたが時差がないオリンピックは観戦するのに楽だと思ってましたけど、とにかく大変でした!(数々の五輪の中で)一番きつかったのを覚えていますが、東京でも頑張って応援したいと思います。今までで一番印象的なのはシドニー五輪の(陸上女子400m決勝)フリーマンの金メダル。現場にいたのでもの凄いフラッシュなどスタジアムの雰囲気をよく覚えています。

<上田晋也>
陸上男子4×100mリレーが楽しみです。短距離界の日本人選手も世界で戦えるようになったことを証明してほしいし、証明してくれると思っています。最も記憶に残っているのは、ロンドン五輪男子100mのボルト選手。スタート直前に約8万人がシーンと静まり返る息をのむような静寂から、スタートと同時に大観衆がわく様子が印象的でした。新国立競技場で、そんな大観衆の中で日本人選手がメダルを獲得することを今から楽しみにしています。久しぶりに五輪競技として復活する野球にも期待しています。侍JAPANのライバルになりそうな海外のチームにも注目していきたいと思います。

<有働由美子>
98年の長野オリンピックから、現地キャスターを務めるのは今回で7回目です。世界各国のトップアスリートが集まった時の震えるようなシビれるような空気が大好きで、それが東京に来るということが嬉しいです。見る人や東京がどう変わるのかも楽しみです。 全世界のアスリート一人ひとりに、オリンピックに来るまでのストーリーがあって、一番興味あるところなので、それをできる限り多く紹介するために会場に足を運んで取材したいです。そして、オリンピックがどれだけ力を持っているものかということを、日本の方たち、特に子供たちに伝えたいです。全力で「スポーツには世界と未来を変える力がある」ということを、届けられるような放送をしたいと思います。

<紀内良彦氏>
さんまさんは、とにかく世界のスポーツに造詣が深く、これまでも陸上のカール・ルイスや棒高跳びのイシンバエワ、テニスのシャラポワなど世界のトップアスリートをオリンピックのたびに取材していただいています。東京でも「世界」を伝えていただけたらと思っております。また今年、新体操のフェアリージャパン女子団体チームとさんまさんの“世界選手権金メダルおめでとう食事会”を撮影させていただきました。来年の東京オリンピックでは新体操・女子団体総合決勝が行われる日は、さんまさんのスケジュールを調整するべく相談させていただいておりますので、一緒に金メダルの喜びを伝えられたらと思います。

上田晋也さんとは、『Going!Sports&News』で日本のみならず世界中のスポーツ最前線にご一緒させていただきました。とにかく観戦勝率が高い! 2014年ソチ五輪では羽生選手の怪我からの復活金メダル、2015年ラグビーワールドカップでは南アフリカを破った“ブライトンの奇跡”、2016年リオ五輪ではレスリング伊調の4連覇、卓球女子団体の涙の銅メダルなどスポーツ名シーンに数多く立ちあってきました。その「勝運」を引っ提げて日本代表の試合会場から多くのメダルと名シーンを共にお伝えできればと思います。

有働由美子さんは初めて日本テレビでオリンピック中継をご一緒させていただきます。とにかく徹底した現場主義で、「多くの現場に行って、世界中の選手のエピソードを数多くお伝えしたい」と興奮気味にお話されていたのが印象的です。NHK時代、そして『news zero』でのキャスター経験をフルに発揮いただき「人」にこだわったオリンピック取材・番組を一緒にお伝えできればと思います。

現地時間12月6日(金)に行われたフィギュアスケート「GPファイナル」の女子SPは、ロシア勢・強力新人3人を含めた表彰台候補の、明暗が分かれる結果となった。 明と出たのは、先日の「NHK杯」で優勝しているアリョーナ・コス

ページトップへ
Twitter Facebook