小池栄子主演の木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の最終回が9月5日に放送。インターネット上では、大団円を迎えた本作に称賛の声が相次いだ。

同ドラマは、同じ男性と事実婚の関係を結んでいた、3人のシングルマザー・森下晴美(小池)、小椋加奈子(りょう)、藤宮茜(岡本玲)が、シェアハウスで共同生活をしながら亡くなった“夫”天谷恭平(平山浩行)の遺産を巡って戦い、数々の謎に巻き込まれていくファイティングミステリー。

前回、恭平の殺害依頼を出した妻が茜だったことが発覚。真相を知ろうとする恭平の母・文江(夏木マリ)が、茜の子供・慎吾(森優理斗)を人質に取るものの、慎吾が心臓病の発作を起こして倒れてしまう。病院に直行したが、それは彼の生死に関わる持病で、治療に3億円が掛かるものだった。そして、恭平はこのために大金を用意していたことが判明した。

その後、逮捕された茜は、恭平から死ぬ前に「一番心の強い女性に指輪を渡す」という言葉と「この指輪を受け取る人間は、一番不幸になる人間だ」とメッセージを遺したことを明かす。そして、指輪をもらうべきは、晴美だと指名した。戸惑う晴美に文江から、“加奈子を納得させる”という最後の課題を与えられる。選ばれても嬉しくないという晴美に、過去に3人と同居していた松田秀明(赤楚衛二)は「嬉しくないならそれが答えじゃないですか?」と一言。恭平がなぜ彼女を選んだのか、自分なら分かると語りかけた。

彼の言葉で冷静になった晴美は、納得していないという加奈子を呼び出し、自分を選んだ理由がようやく分かったと告白。自分なら茜のことを許せるが、加奈子は許せないからであり、自分なら今回の件をすべて受け入れるからだと主張した。続けて、彼が誰を一番愛しているのかは、本人にしか分からず、現実を受け入れるしかないと語りかけた。彼女の熱弁に加奈子は、恭平が晴美を選んだ理由が分かったと言い「あなたを支えるのが私の役割」と涙ながらに力になることを誓った。

晴美は文江に、遺産のすべてを慎吾の治療費に充てると宣言。恭平もそのつもりだったであろうと言うも、文江は納得いかないと怒りをぶつける。後日、そんな文江の意向に背いて2人は恭平の葬式を強行。文江は葬儀場に乗り込み「どういうつもり? こんなこと私は許可していない!」とまたも激怒する。意に介さない晴美は参列した関係者に向けて、晴美、加奈子、茜の3人が恭平をシェアしていたことを告白。狼狽する文江にも「彼から卒業しなければならない」と語りかける……。

その後のラストへの展開に視聴者は心を掴まれたようで「オチがいろんな意味で衝撃」「最終話の大どんでん返し!!、メッチャ面白かったー」「実況向きで楽しかった」などの声が挙がっていた。

日曜劇場『半沢直樹』(TBS系、7月19日スタート、毎週日曜21:00~)のオンライン制作発表が12日、都内で行われ、主人公の半沢直樹を演じる堺雅人ほか、共演者の上戸彩、及川光博、片岡愛之助、今田美桜、井川遥、尾上松也、市川猿之助、北大路欣也、香川照之が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook