甲斐隼人役を熱演中の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)

菅田将暉さんが初の教師役で主演しているドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第2部が、第6話(2月10日)からスタート。オンエアを前に、3年A組の生徒・甲斐隼人役を熱演中の片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)さんへインタビュー。作品の魅力や、撮影の裏話、菅田さんとの決闘シーンなどについて語って頂きました。

同ドラマは、菅田さん演じる美術教師で3年A組の担任・柊一颯が、卒業まで残り10日というタイミングで29人の生徒を集め、突然「今から皆さんは、僕の人質です」と告げ監禁。生徒たちは一颯の意図が分からずにいたが、第5話までに、景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相を暴くため、犯人をあぶり出すため世間の注目を集めることが目的と判明する。

物語の前半、澪奈を陥れたフェイク動画を撮影した人物が、里見海斗(鈴木仁)であることがわかっていたが、甲斐隼人(片寄)が、その動画の撮影を指示したと名乗り出る。しかし、一颯は動画を加工した者は別にいると判断。甲斐は一颯に決闘を申し込み「お前が勝ったら洗いざらい話してやる。ただし、俺が勝ったら全員を解放しろ」と持ちかけぶつかり合うシーンが話題に。

こうして、フェイク動画を制作しバラまいたのが、半グレ集団「べルムズ」のリーダー喜志(栄信)の指示であったことが発覚。一方、一颯は、喜志と交際していた諏訪唯月(今田美桜)から、喜志にもらったというペンダントに入っていたマイクロチップを預かる。調べると、その中にあったのはフェイク動画の顧客リスト。その中には依頼人として「魁皇高校教師」の文字が……。

――いよいよ第2部が始まりますが、これまでの撮影を振り返っていかがですか?

最初はみんな探り探り芝居をしていましたが、今は第7話まで撮影は進んでいて、雰囲気は掴めていると思います。生徒みんながいいチームになってきたな、という実感があります。

――甲斐を演じる上で、意識していることは?

甲斐は「家族を守ること」を考えている子だと思います。第1話から第3話では「クラスメートを守る」ということを意識し、正義感・責任感がある人間なんだろうな、ということを感じながら芝居に臨みました。後半になるに連れて、一颯先生を見る目が変わっていきますよね。一颯先生とのやりとりで、甲斐がどこまで救われたかはわかりませんが、一歩前に踏み出すことができたので、「先生を信頼してもいいのかな」という気持ちになれたんじゃないのかな、と思います。ほかのクラスメートに対しても、今までは弾き飛ばすことで自分の存在感を示してきましたが、他の人の意見を聞いたり、甘えたりといった変化がこの先にあるのかな、と思いながら演じています。

――素のご自身に近い生徒はいますか?

う~ん……逢沢博己(萩原利久)とかかな? 内通者でしたけど、そこの部分じゃなくて(笑)。逢沢は、先生との距離感という意味でも共感できるところがあるかな、と思います。

――教室の中という限られた空間での芝居が多いと思いますが、この作品ならではの苦労や面白いところは?

“椅子の座り方”っていろいろあるなって(笑)。バリエーションの発見はありました。甲斐の場合は、“ドヘッ”って座り方ですね。教室で寝るシーンも、みんな様々で、流石だなって思います。

――アクションシーンへ挑戦した感想は?

第1話から第4話まではぶつかり合うシーンが多かったので、その都度、どこかしらアザが(笑)。一応プロテクターも付けますが、「付けていないところに限って打ったりするんですよね~」なんて、アクションの人と話していると、本当にぶつけてしまったり、椅子を投げるシーンで、本番に限って自分に跳ね返ってきたり……ということがありました(笑)。

――緊迫感にあふれるシーンも多いと思いますが、撮影の合間はどんな雰囲気ですか?

セットの外では、結構和気あいあいとしています。演技で気になるところなど、お芝居の話をしている子達が多いです。あと、僕と若林時英(兵頭新役)くんは差し入れの話もしますね。甘いものも大好きですが、先日、今田美桜さんが手羽先を差し入れてくれて。時英くんが「手羽先、やばいっすね~」って言ってきたから「やばいね~」って盛り上がりました。実はさっきも差し入れのクリームパンをいただきました(笑)。

――芝居の話題では、例えばどんなことを?

望月歩(瀬尾雄大役)くんと第5話で結構ぶつかりあうシーンがあり、そこは信頼関係を築いた上で芝居をしたいので、前日に「明日もよろしくね」と声をかけたり、終わったあとに「ありがとうね」という言葉をかけたりしました。石倉光多役の佐久本宝くんや須永賢役の古川毅くんとか甲斐軍団の子たちとは、演技の面で「甲斐が前にでるなら、誰が立ち位置的に止める……」というように、芝居のバランスについて話しました。

――一颯先生役の菅田さんとも対面するシーンがありましたが、事前に何かお話されましたか? 

第4話の撮影の前に、ミットを持って楽屋に来てくださり「一回殴ってみないか?」と……。ご自身もボクシングの芝居を経験されているので、その時の事を教えてくれて、実際ミットにも当てさせていただきました。

――アクションシーンの動きなどはどんな準備を?

喧嘩のシーンは、事前に殺陣の練習をして体の動きを覚えてから、翌日セリフも入れて撮影をしました。とにかく菅田さんは、「目を見て向かってきてくれ」とおっしゃっていて、「そこが、息を合わせる一番のポイントになるから、とにかく目を見て向かってきてほしい」と。なので、それを意識して菅田さんへの信頼を持って臨むことができました。

――菅田さんのお芝居を間近でご覧になって、勉強になるな、と思われた事などはありましたか?

菅田さんは、生徒たちのセリフに対して “自分が決めた形”で返さないんです。相手の芝居に瞬間的に反応しているというか、とても柔軟に反応されるところが衝撃的でした。

――エンディングのスナップショットは、自由な雰囲気で撮影を?

一応、こういう風な画が撮りたいという前提があるうえで撮影しました。“帰り際”みたいなシチュエーションがあったのですが、その時みんなが撮影を見ていたので、すごく恥ずかしかったです。

――ドラマについて、周りからの反響は?

「ドラマ見たよ。面白いね」って結構声をかけていただいて。そんな作品に出演できて嬉しいですし、感謝しています。第4話では、甲斐のエピソードを深く描いていただけたので、それを見た人からは「甲斐は、結構いい子だったんだね」と言われました。GENERATIONS のメンバーも、結構観てくれているようで、隼(小森隼)は、このドラマのことを毎週Twitterにtweetしてくれていますね(笑)。第3話は一緒に見ましたし、毎回オンエア後に「お前が内通者か?」「あいつが怪しい」と、LINEをしてくるから、僕は「来週もお付き合いください」と返信しています。なので「いつも教えてくれない」って言われますが隼の楽しみを奪うのも……(笑)。第4話の放送後には「もれなく泣いた」という感想が送られて来ました。裕太(中務裕太)くんも「毎回迫力があって、楽しい」と言ってくれています。

――『3年A組』の朝礼体操も注目されていますね。

僕は、普段GENERATIONSではボーカルなので、恥ずかしいです。メンバーから「めっちゃちゃんと踊っているじゃん」っていじられたので「いや、俺はダンスをやれる役なんだ」と言い返しました(笑)。最初にこの体操を見た時は、難しいんじゃないかな、と思いましたが、生徒のみなさんもちゃんと踊っていて驚きました。

――朝礼体操に挑戦する方も多いと思いますが、何かコツはありますか?

結構難しいですよね。なので、ひとつずつ、ゆっくり分解して踊っていくと良いのかな。リズムの“裏拍”を感じて踊ることがポイントだと思います。

――今後の展開は、どうなると予想していますか?

実際僕たちも、どんな結末を迎えるのかわからないまま撮影をしていて「どうなっちゃうんだろうな」って話しています(笑)。オンエアを見て、「こういうことか!」と繋がることもあるので、1話1話が鍵となって進んでいくので見逃せませんね。その中で、一颯先生が放つ言葉の中にすごくメッセージが込められていて、自分たちもそのメッセージを持つ船に乗せてらったクルーとして誇りを感じていますし、少しでもそれを伝えられる役目を果たせるように、みんなで頑張って行けたらと思っています。

――一颯先生の言葉の中で、ご自身に刺さった言葉は?

第6話のメッセージが結構好きです。今って、皆さん一人ひとりが言葉を発することができる時代ですが、その言葉の責任感や重みを感じさせられるエピソードだったので、すばらしい第6話になったんじゃないでしょうか。

――見どころとメッセージを!

第6話から少しずつ、生徒たちのベクトルが変わってくるのが後半戦だと思います。グッと一致団結しようとするときがあるかもしれないし、逆にそこから離れたい、と思う人も出てくるかもしれないので、微妙なバランスの中で、一颯先生がどう生徒たちを導いていくのか、というところも見どころになると思います。

上川隆也が"パーフェクトな執事"西園寺一に扮する人気ドラマの第2弾、金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理2」(毎週金曜 夜8時放送)が、4月19日(金)よりスタート! さまざまな場面で超人的な才能を発揮する西園寺の名推理が難事件を解決していく。今回は、何でもこなす西園寺のハイスペックぶりもパワーアップ。イリュージョンやフィギュアスケート、さらに新たなスキルが明らかに! また、西園寺が仕える素敵すぎる奥様・伊集院百合子役が前作の八千草薫から吉行和子に代わり、観月ありさが謎の美女というミステリアス

ページトップへ
Twitter Facebook