コミックエッセイの作家にマツコが助言

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。2月2日の放送は、コミックエッセイの作家たちと中継を結び、トークを繰り広げる。

いわゆる普通のストーリー漫画とは異なり、自分の身の回りで起きたことや、実体験を漫画化するコミックエッセイ。最近は、作家が出版社に作品を持ち込む時代から、出版社がSNSなどで人気の作家をスカウトする時代になっているという。

この日、編集部に打ち合わせに来ていた女性は、外科医として働く傍ら、病院の裏側やドクターたちの苦悩など、リアルな医療現場の日常を描いている兼業のコミックエッセイ作家。ブログでコミックエッセイを描いているうちに人気ブロガーとして注目が集まり、出版社からスカウトされたそう。

もともと外科医という立場からコミックエッセイを描くことで、医者を目指す人が増えればいいなと思っていたという彼女。しかし、あまりにリアルな現状を描き過ぎて、周囲の人たちから「逆にこんなんで医者になるヤツいるか?」と言われるのだとか。そんな悩みを抱える外科医の女性作家にマツコは、「先生みたいな人がいろいろ言ったり、描いたりした中で、それでも医者を目指すような根性ある人を育てたほうが、綺麗ごとを描くよりも意義がある気がする……」とフォロー。リアルに描くほうが結果として良い医者が生まれるのだと指摘する。

続いては、“2冊目の壁”にぶち当たっている崖っぷちのコミックエッセイ作家が登場。ネットで彼女のコミックエッセイを見たマツコは、さっそく作品の弱点を発見し、SNSから書籍化することの難しさや、作家としての心得を彼女に伝える。そして、「やっぱりそうなのよ、コミックエッセイなんて、まともな人間が描いたまともなモノなんて誰も読みたくないのよ」とキッパリ。「やっぱ変な人が“一体どんな思いでいるのだろう”とか、“どんな生活をしているのだろう”……っていうのが読者の興味だから」と持論を展開する。

11月24日に放送される『東京の空』(TBS系、毎月最終日曜25:20~)では、新国立競技場と、その生みの親である世界的建築家・隈研吾に着目。隈が完成間近の競技場を“東京の空”から眺める。

ページトップへ
Twitter Facebook