4月21日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)は、大阪にある、“K-POPアーティスト”を目指すダンススクールから中継を行う。

実は今、日本でダンスを学び韓国デビューを目指す若者が多いそう。日本でも大人気のK-POPガールズグループ・TWICEのメンバーであるミナもこの教室の出身だという。レッスン風景を見せてもらうと、まさにスパルタ。自身もバックダンサーを務めていたという先生の厳しい指導に、スタジオから「怖い……」という声が挙がる。

この日やっていたのは、出す腕の角度をひたすらにまっすぐそろえるための特訓。日本のダンスがある程度個性を生かしたものなのに対し、韓国はきちんと揃うことに重きをおくそうで、先生いわく「手のラインの角度や速度を完璧に揃えないとダメ」なのだという。

生徒の中には、EXILEなどが所属するLDHが運営するダンススクール「EXPG」の出身者や、元メジャーリーガーの娘など個性豊かな面々が並ぶが、皆オーディションには苦労しているよう。そんな中、上級クラスの完璧なダンスを見たマツコは「今からオーディション受けてとか面倒くさいことしなくてもどっかデビューさせてくれるんじゃない?」「このメンバーでデビューしちゃえば?」と発言し……。

【配信終了:2021年5月22日(土)】動画はこちら5月15日(土)放送の「ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時45分)は、「照れカワ芸人更生プログラム若手SP」。今回は、秋山寛貴(ハナコ)、水川かたまり(空気階段)が、芸能界でいま最も恥ずかしい(!?)5GAPの"ホワイト赤マン"に挑戦!TikTokで人気! かたまり照れカワ集「照れカワ芸人」とは、芸人にもかかわらず体を張った仕事を照れちゃう上に、かわいさでごまかすダメ芸人のこと。おぎやはぎ(小木博明、矢作兼)の「照れカワジジイ更生プログラム」の際、

ページトップへ
Twitter Facebook