読売テレビ・日本テレビ系の人気アニメ『名探偵コナン』(毎週土曜18:00~)。3月25日は「サクラ組の思い出(新一BOY)」が放送された。

前週に放送された「サクラ組の思い出(蘭GIRL)」では、毛利蘭(山崎和佳奈)の髪の毛の尖った部分、通称“蘭姉ちゃんの角”が幼少期からあったことが話題を集める中、「小さい2人が可愛すぎる」「めっちゃ癒やされる」「これは癒やし回だわ」とネットでは反響を呼んだ。さらに、保育園時代に工藤新一(高山みなみ)と出会い、仲良くなるきっかけとなったエピソードが、蘭目線で描かれた。

新一目線で描かれる今回は、蘭に対して「昼寝の布団が蘭だけ固定の位置」「散歩の時にいつも手を繋いでいる」「滑り台を優先的に滑らせる」などの不審な動きを見せる保育士・江舟(遊佐浩二)の目論見が明らかになる。江舟を伺う新一は、独自の推理を父・優作(田中秀幸)と母・有希子(島本須美)に披露するが、有希子からは「新ちゃん、あの先生に嫉妬しているのね」とからかわれてしまう。

その翌日、江舟と妻、妻の弟の3人が、蘭のことを誘拐しようとしていたことが発覚。優作が先回りして事件を未然に防ぐが、その推理の中で「私の息子の読み通りですね」と新一を持ち上げる。この発言に、ネット上では「めっちゃいいお父さん」「こんなお父さんが欲しかった!」と新一を羨ましがるファンのコメントが続出。その後、優作の華麗な推理によって事態は収束するのだった。

今回は、蘭の窮地を救うべく人生初の推理を行った新一の姿に、「可愛すぎる!」「生意気だけどたまらない」「まさに小さな探偵さんだったわ」とネットは大盛り上がり。そして、ラストでは舞台が現代に戻り、蘭、園子、世良の3人が新一の初恋について詮索する。その脇でコナンが、涙を浮かべつつも満面の笑みでお礼を言う蘭を思い出しながら、「蘭は知らないだろうな。お前のその笑顔にゾッコンだったってことを……」と初対面で恋に落ちた瞬間を振り返ると、「きゃああああー!!」「待って! めっちゃ言われたい!」「蘭だけズルい!!」「やばい、ドキドキする!」「これは胸キュンだわ」「蘭ちゃんが可愛すぎる!!」など大興奮するファンが続出していた。

次回の「偽りだらけの依頼人(前編)」(4月1日)には、4月15日公開の劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』にも登場する人気キャラクター服部平次の母・池波静華が、毛利探偵事務所を訪れる。一体、どんな事件が巻き起こるのか。

ページトップへ
Twitter Facebook