7月28日に放送された『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)で、番組レギュラーの森川葵が、ペン回しの上級技に挑戦。SNS上では森川のポテンシャルの高さが話題となっていた。

森川は、達人たちが長い年月をかけて磨いてきた技の数々を、驚異的なスピードで習得するゆえ “ワイルド・スピード森川”との異名を持つ。世界チャンピオンのKayさんが「ペンスピナー」という肩書で生計を立て、マイホームも購入したと明かすと、森川は「ペンスピナーの肩書も欲しい!」とノリノリ。さらにKayさんから、ペンスピナーの女性はレア度が高いことを聞かされると、早速特訓を開始した。しかし森川は、ペンスピナーの台所事情が頭から離れず、Kayさんにペン回しの事ではなく金回しの質問ばかりしてしまう。

気を取り直し、ペン回し未経験の森川は、まずノーマルのペン回しから練習を始めた。すると“ワイルド・スピード森川”の片鱗を見せ、20分でノーマルの回し方を習得。その後も、Kayさんが「習得までに3~4日かかった」という技も30分でマスターしてしまうと、思わずKayさんの口から感嘆の声が漏れた。

ところが、森川は上級技を前に、今までのリズムが崩れ始めた。休みなく練習していたため、指が疲れて思うように動かなくなってきたのだ。さっきできていた技もミスを連発するようになり、森川はまさかのスランプ状態に陥ってしまった。残り時間5分で森川はマスターすることはできたのか?

SNS上では、彼女のポテンシャルの高さに感心する声が。「スゴすぎる!」「金メダルあげたい」「ペンスピナー女優ここに誕生!」「毎回凄すぎる。そして習得早っ!」などのコメントが見られた。

次回8月4日は物件特集。狩野英孝大島美幸森三中)が「訳あり物件」や「家賃100万円以上の家に住む人」を検証していく。

東京五輪の開会式で世界を感動させたピクトグラムのパフォーマンスを制作したが~まるちょばが、9月27日に放送される『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)に出演。「パントマイムの世界」をマツコ・デラックスに語る。

ページトップへ
Twitter Facebook