レオナルド・ダビンチ、モナ・リザ

サカナクション山口一郎がナビゲーターを務める『NHKスペシャル ダビンチ・ミステリー』(NHK総合)の「第1集 幻の名画を探せ ~最新科学で真実に迫る~」が、11月10日(日)21時から放送される。

万能の天才でありながら、人類史上もっとも謎多き人物とも言われる、レオナルド・ダビンチ。2019年は没後500年にあたる。パリのルーブル美術館では10月よりこれまでにない規模でダビンチ展が開催されるなど、世界中でダビンチブームが巻き起こっている。同番組では、山口がルーブル美術館の「ダビンチ展」へ。2本シリーズで天才の謎を解き明かす。

第1集では、モナ・リザをはじめとするダビンチ絵画に秘められた数々の秘密に、最先端の科学技術で迫ることに。モナ・リザと言えば、ルーブル美術館にあるモナ・リザが唯一の本物だが、その常識を揺るがす発見がスペイン・プラド美術館で報告された。

「モナ・リザの模写」とされるプラド美術館所蔵絵画の内部を透視したところ、下書きの跡や繰り返された修正など、作画の履歴全体がルーブルのモナ・リザとことごとく一致したのだ。果たして本物なのか?

番組では、先端技術を駆使したダビンチ絵画の調査に密着。新たなダビンチの絵画作品発見を目指す、プロジェクトに迫る。

正直、スペースが足りません!現代日本漫画の礎となった「貸本漫画」のストリーム。さまざまな評論家・研究家・オタクの皆さんも語られていますが、そのあたりの情報を全てコンプリート。且つ事実と異なる知識は修正しつつ、さらに知られざるエピソードも盛り込んだ「完全版・日本貸本漫画史」......の省略版を、ここに発表したいと思います。解説をしてくださるのは、"生ける漫画のグーグル先生"(勝手に命名)こと、漫画家のみなもと太郎先生。7時間に及ぶインタビューから得られた貴重な情報の数々から、貸本漫画・激動の歴史

ページトップへ
Twitter Facebook