3月10日(⽕)の『徹⼦の部屋』には、倉本聰が登場する。 85歳で初めて1年間の連続ドラマの脚本を担当した倉本。全ての原稿を⼿書きで書くため、現在でも⼿の痛みに悩まされているという。 『徹⼦の部屋』にも同作の出演者がたく

おぎやはぎ(小木博明、矢作兼)と劇団ひとりがMCを務める『ゴッドタン』(テレビ東京系、毎週土曜25:45~)が、5月15日に放送。この日は「照れカワ芸人更生プログラム若手SP」が行われ、ハナコの秋山寛貴と空気階段の水川かたまりが“芸能界でもっとも恥ずかしいコント”に挑戦した。

ページトップへ
Twitter Facebook