山下美月乃木坂46)が、10月10日に放送された山里亮太南海キャンディーズ)、田中みな実弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)がMCを務める『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系、毎週土曜21:55〜 ※一部地域を除く)の再現ドラマに出演。あざとい女子を熱演し、インターネット上では「美月悪い女やなあ~」などの声があがった。

“あざといと思った・思われた男女の言動”を視聴者に徹底アンケート。それを凝縮した再現VTRを3人がチェックし、「あざとさ」について徹底的に語り合うバラエティ。この日は有吉弘行がゲスト出演した。

再現ドラマで山下は、文芸誌の若手編集部員という役どころで出演。30代にして出世した敏腕編集長を相手に、「伝言メモに手描きイラストつきの『誕生日カウントダウン』を添える」「居酒屋でのメニュー選びをタメ口で褒める」などの“あざとさ”を発揮する。

飲み会の席ではメジャーリーガー・前田健太の「マエケンダンス」を披露し、“ガチの野球好き”を全身でアピールする山下に、「これはちょっと置いていかれちゃうなぁ、女子は」と田中。そのマニアックさにツッコミを入れつつ、「これをやることで女子にも嫌われない」と、同性に嫌われないラインでの上手な“無邪気さアピール”であることを指摘した。

さらに田中は、山下が上司に臆せず意見を伝えたシーンを引き合いに、弘中を「おじ様がいるお食事会に連れて行った」際のエピソードを披露。「わからないことはわからないとはっきり言う」「それは違うと思います、とあっけらかんと言う」弘中に対して、「おじ様たち」が食いつき、心を掴まれていたという。

「有吉さんどうですか? 女性がはっきり意見を言ってきたら」と尋ねた山里に、「じっっっくり話します。サシで」と目を見開いて答える有吉。その迫力に弘中は、「うわ〜怖い! 捕まるやつだ!」と悲鳴を上げる。その後「(弘中は)余裕があるおじさん達を転がすのは上手いだろうと思う」とフォローする有吉を、田中が「(有吉は)ターゲットじゃないってことだよ」とバッサリ。さらに「(有吉は)少数派だから」とたたみかけ、これには有吉も思わず苦笑いを浮かべていた。

再現ドラマでスキのないあざとさを披露した山下の演技に、インターネット上では「美月悪い女やなあ~」「可愛い 後輩に持ちたい」「美月の演技はやっぱ安定してるよね。今まで色々映像の経験積んだ賜物だな」と絶賛の声が。レギュラー初回となる今回の放送に対しても、「最高に共感しすぎて楽しかったし弘中ちゃん可愛すぎ」「安定の可愛さ面白さでした」と評価の声が集まっていた。

次回10月17日の放送では、ゲストにヒップホップユニット・Creepy NutsDJ松永をゲストに迎える。

ページトップへ
Twitter Facebook