さまぁ〜ず大竹一樹三村マサカズ)の2人が“等身大の日常”をこっそり話す深夜のトークバラエティ『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』(テレビ朝日系)が9月21日の放送で最終回を迎えた。半年ぶりにスタジオでの収録が行われたこの日、人生で初めて写真週刊誌「FRIDAY」にスクープされたという三村のエピソードが爆笑を巻き起こした。

今回は、13年半にわたる歴代のオープニング映像を振り返ることからスタート。スタジオでは最初で最後の「リモート観覧」として、抽選で選ばれた視聴者が自宅からZoomを介して収録に参加した。

開口一番、大竹が「いやぁ三村さん、帰ってきましたね」と話を振ると、「(スタジオに)帰ってきたと思ったら、もう終わっちゃうんですね」と三村。モニターに映し出された観覧者たちの顔を眺めながら、「背景がちょっとね、気使うよね。こうなるとね。タンスちょっと見切れてるけどしょうがないか! みたいな」とイジりを入れる。

その後、大竹が「(最終回に)間に合いましたね三村さん。人生初の『FRIDAY』、見ましたよ」と、三村が写真週刊誌にスクープされたエピソードに。「この芸能生活で一回も(週刊誌に)写真撮られたことないんですよ三村さん。最終回の直前に撮られてたんです」と語る大竹だが、その内容は「三村が美容院から帰ってくるところ」という日常の一コマ。大竹が「よっぽどなかったんでしょうね、ネタが」と突っ込むと、三村は「自分で(掲載誌を)買っちゃった。だって巻頭グラビアで、カラー1ページで載るなんて人生で無いからね」と照れくさそうに告白し、スタジオは爆笑に包まれた。

何度か写真週刊誌に撮られた経験を持つという大竹だが、そのシチュエーションもまた「コンビニで本読んでるところ」など、平凡な光景ばかり。ベビーカーを押しているところを写真に撮られたときは「ずーっとかみさんが押してんだけど、俺が押した瞬間にカシャカシャ! だから」と、呆れ顔で当時を振り返った。

「終わりですよ、今日で」「来週も再来週もやってないんです」と、改めて番組終了を惜しむふたり。「今までだいたいこの場所で色々なことを報告してきたんです。入院したとか、結婚したとか。ここがなくなったら、三村さんに報告することがなくなっちゃう」と大竹が語る。「楽屋とかで大竹さんが俺に直接報告することって、特にないのよ」と三村。大竹も「だから、(番組が終わると)お互いのこと知らなくなっちゃうな」と返し、この番組がふたりにとって重要な場であったことを再確認していた。

長寿番組の最終回に対して、インターネット上では「悲しくてたまらないけど、13年間お疲れさまでした! これからもさまぁ~ず応援してますとだけ伝えたい!!」「最終回のOPが今までの詰め合わせで泣いちゃったな」「笑いすぎて泣いた。本当に面白かったなぁ」「もう、三村ファミリーと大竹ファミリーの話、聞けないのかぁ。。。寂しいじゃんかよ〜」といった声が上がっていた。

山里亮太(南海キャンディーズ)、田中みな実、弘中綾香アナウンサーがMCを務める『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)の過去放送回が、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」にて期間限定で配信されている。

ページトップへ
Twitter Facebook