千鳥ノブ大悟)が出演する『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週火曜24:15~)が6月30日に放送。芸人が番組で犯してしまったある失敗を振り返った。

今回は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で悔いを残しているアルコ&ピース平子祐希はんにゃ金田哲を呼び出し、“なぜか”『テレビ千鳥』で大反省会を行うというもの。同番組のセットはもちろん、ノブはMC・蛍原徹風のカツラをかぶって出演することになった。呼び出された2人はセットの豪華さに戦々恐々。番組で使用するBGMが流れると「音楽がイヤ!」とトラウマになっている様子だった。

2人が後悔している回をVTRを振り返ることに。金田は「神社仏閣大好き芸人」での一コマ。小籔千豊が始めた“厳かなノリ”が、思い描いていた展開と違い、スベってしまったという。その後も小籔に委縮してしまい、予定の話ができなかったとのこと。大悟はスベった時、次の展開を考えないといけないのに、金田は“スベっていない”ような顔をしていると指摘。ノブもそんな彼の顔に「バカ軍師」と大笑い。失敗した原因については「客が重かった」や、ゲストのブラックマヨネーズ小杉竜一が痩せすぎていたなどなど、無理やりな言い訳をして2人を笑わせた。

一方、平子は「もっと売れたい芸人」出演時を回顧。以前、番組のエグゼクティブプロデューサーである加地倫三に、収録中の立ち回り方について注意されたことがあった。番組EPに説教されたことが、世間に周知された後だったこともあって、当時は空回りしてしまったという。

改めてVTRを見た大悟は、平子の委縮ぶりに「オンエアしたらアカン」と大笑い。さらに、当時一緒にゲストで出ていた宮下草薙草薙航基と飲みに行くエピソードも「スベっていた」と指摘する。もう一度同じVTRを見ようとする大悟に、平子が睨みをきかせると、ノブは「映画『犯人に告ぐ』みたいな顔してる」とツッコミ。さらに、オンエア上でカットされたやりとりを何度も見ようとする2人に、平子は「これを流すんだったら、将来偉くなってテレ朝に何かするからな!」と激怒した。金田は本企画について「ドキュメンタリーすぎますね」とコメントして笑いを誘っていた。

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。 7月12(日)、同番組の“特別授業SP”を放送。

ページトップへ
Twitter Facebook