上川隆也とえなりかずき

上川隆也が風変わりな刑事・糸村聡を演じる人気ドラマシリーズの最新作『遺留捜査スペシャル』(テレビ朝日系)が、11月11日(日)21時から放送される。今作で上川は、民俗学の教授を演じるえなりかずきと初共演する。

今夏、第5シリーズが放送されていた同作が早くもスペシャルで復活する。今作で糸村たち特別捜査対策室のメンバーは、滝つぼから修験道者の水死体が見つかった、という奇妙な事件に挑む。被害者が所持していた“トンビの羽”に興味を持った糸村は手がかりを求めて、滝つぼの上流にある“鳶が谷(とびがたに)”へ。その谷には限界集落“つぐは村”が残されており、糸村は今なお“天狗伝説”が色濃く影を落とす村に驚く。

その一方で、京都府警のホストコンピューターが何者かに不正に侵入され、捜査資料がハッキングされる事態も発生。“天狗伝説”と“ハッカー”……。あまりにかけ離れた2つの断片を糸村はどう結びつけていくのか!?

そして今作でえなりが演じるのは、民俗学者の杉田義明教授。遭難寸前だった糸村と出会い、捜査を手助けする重要な役どころで「大学で民俗学の授業を取っていて、民俗学の先生方も生で見て、こういう学問の世界があるんだ~と、漠然と受けていた授業が役に立ってよかったと思いました。また、ニコニコしているけど何を考えているかわからないという人物がわたくしの知り合いに2名ほどいて(笑)、その方々をイメージしながらやらせていただきました」と役作りについて語っている。

上川は「これまでにない題材、かつ展開に驚きました。天狗伝説やITなど、一見して『遺留捜査』らしくない題材がかつてないほどに入り組んでいて、特対のメンバーは今回、それぞれの役割を担うためにバラバラになって動くんです。正直いって、最初は『遺留捜査』の物語として成立するのだろうかと思いながら読みはじめました」と、台本を読んで驚かされたことを告白。

初共演となったえなりについては「“天狗伝説“など民間伝承を題材にした物語にふさわしい、ベストなキャスティングでした。糸村が迷い込んだ村に漂う、ある種独特の雰囲気を余すところなく表現してくださいました」と絶賛している。

10月10日(木)深夜1時からスタートしたテレビ東京の新ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』。ドラマでは山田杏奈、大友花恋がW主演を務める。原作は『月刊コミック電撃大王』で連載する人気コミック。親の再婚で突然姉妹となった女子高生2人が、料理を通じて絆を深めていく物語だ。実写化が発表された8月にはTwitterのトレンド入りするなど、ファンの期待も高く、ドラマ第1話も話題を呼んだ。主役の姉妹の一人「サチ」を演じるのは、2018年の映画「ミスミソウ」で初主演を果たし、数々の映画やドラマに出演する期待の若

ページトップへ
Twitter Facebook