7月6日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)では、全米を沸かせ続ける日本人メジャーリーガーを特集する。

元ヤクルトスワローズ選手・監督の古田敦也と、かつてスポーツコーナーを担当していたフリーアナウンサー・徳永有美がMCを務める同番組は「部活応援宣言!」をテーマに、本気でスポーツに取り組む全国のアスリートたちに密着。熱い気持ちで戦う彼らの“汗と涙の感動ドキュメント”や、強くて美しい“未来のなでしこ”などを紹介している。

二刀流で全米に衝撃を与えたエンゼルス・大谷翔平や、連続無失点試合を20試合以上続けるダイヤモンドバックス・平野佳寿など、今年デビューを果たした日本人メジャーリーガーたちが輝きを放っている。1964年にジャイアンツ・村上雅則が、日本人として初めてメジャーの舞台に立ってからおよそ半世紀。これまでの歴史を振り返ると、道を切り開いてきた数々の先輩たちの姿があるが、今回はそんな全米を沸かせ続ける日本人メジャーリーガーの歴史に着目。レッドソックスで活躍した岡島秀樹をゲストに迎え、古田と熱く語る。

「トルネード投法」でノーヒット・ノーランを2度達成した野茂英雄。日本人打者として初めて名門ヤンキースに入団、4番打者も務めた松井秀喜。岡島と同じ2007年にレッドソックスに入団、ともにワールドシリーズを制覇した松坂大輔など、一流野球人たちのメジャーでの知られざるエピソードが続々と登場する。そして、全米中の注目を集めている大谷の強さを、古田と岡島が解説。さらに、2人が予想する未来の日本人メジャーリーガー、その可能性についてもトークする。

また、部活応援企画の「高柳愛実のGO!GO!部活」では、神奈川県相模原市立相陽中学校野球部の後編をおくる。

ゴミ清掃員のあるあるネタで注目されている芸人をご存知だろうか?お笑いコンビ マシンガンズの滝沢秀一さんは、芸人としての苦しい生活を打破するため、ゴミ収集会社に就職。その体験や気づきを綴ったツイッターが話題を呼んでいる。 著書『このゴミは収集できません ~ゴミ清掃員が見たあり得ない光景~』(白夜書房)がベストセラーになると、5月30日に発売された漫画『ゴミ清掃員の日常』(講談社)は発売前から予約が殺到。取材や出演のオファーが相次ぎ、かつての人気を上回るほどの快進撃を続けている。そこで今回は滝沢さん

ページトップへ
Twitter Facebook