俳優の神保悟志と高杉亘が、4月5日放送の『笑×演(ワラエン)』(テレビ朝日ローカル、毎週水曜25:56~ ※一部地域を除く)に出演。“芸人が書いたネタ”を“役者が演じる”という番組で、2人はうしろシティ(金子学、阿諏訪泰義)が書いたネタに挑戦。ネット上ではその出来に対し「最高だった!」と反響を集めた。

この番組は、近年、小説や脚本などで才能を開花させる芸人たちが多いこと、コント番組などでお笑いに挑戦する俳優たちも増えていることから、“お笑いのネタを書くプロ”=芸人のネタを、“役になりきる表現のプロ”=役者が演じたら、どのような化学反応が起きるのか? に挑戦したバラエティとなっている。

今回挑戦した2人だが、神保といえば、『相棒』『嘘の戦争』『牡丹と薔薇』などでシリアスな役を好演したベテラン俳優。高杉も『踊る大捜査線』『大河ドラマ 平清盛』『お金がない!』など特殊部隊や軍人といった堅めな役を演じるのが多い1人。そんな2人にネタをつくったうしろシティは「シリアスな役が多いじゃないですか。自分たちでは逆にできない。渋さとかがないと出来ないネタができました!」と自信たっぷりに語っていたが、いざ2人を目の前にするとド緊張。

彼らが書いた台本を読んだ神保は「これ、笑えそうですか?」。高杉も「よく分からない……」と不安な表情を浮かべていたが、ネタの面白さを改めてうしろシティから説明され、なんとか理解した模様。この打合せ後、うしろシティは「芸人だと中々出せない領域の笑いですね。楽しみです!」と期待に胸を膨らませていた。

そして練習を重ねた後に迎えた本番。「ハイジとペーター」と題したネタがお披露目された。神保は、あるミステリーツアーのガイド役で、高杉はそのツアーを楽しみにしている客という設定。誰よりも期待して、3万9千800円の代金を支払って参加したツアーだったのに、“思わぬガッカリ”の連続で……という内容だった。ネット上ではこの演技派2人コントに「2人の魅力が詰まった贅沢なコント!」「ミステリーツアーのコント笑った」「神保悟志がコントをやるとは……」「うしろシティ×神保さん×高杉さん最高だったー!」「ジワる!」と反響。

うしろシティも「2人の表情が良すぎて、元々の台本から1ページくらいカットしました。もう言葉いらない感じでした」と。無事に終えた神保は「笑ってくださるので、段々気も良くなってきた」と笑顔で話していた。

ページトップへ
Twitter Facebook