ドラマや映画、バラエティに舞台とマルチな活躍で人気の大泉洋。彼は、北海学園大学の演劇研究会出身で、森崎博之安田顕戸次重幸音尾琢真の5人で結成されている演劇ユニット「チームナックス」のメンバーだ。

今や日本一公演チケットが取れない劇団として絶大な人気を集めているチームナックス。そんな彼らを学生時代から知り、20年近く一緒に番組を制作してきた北海道テレビ(HTB)のプロデューサー・杉山順一氏(編成局総合制作部)は、彼らの魅力について「大泉洋の“魔法”と5人の“絶妙なバランス”」にこそあると語っており、本日(2月12日)13時55分から放送の『ハナタレナックスEX(特別編)』(HTB北海道テレビ制作 テレビ朝日系列24局全国ネット)でも、番組冒頭からこれまでのテレビの常識を覆す大泉の“魔法”が披露されている。

全国放送を記念して、本日まで5日にわたって掲載してきた連載も最終回。安田→森崎→戸次→音尾に続き、ラストは大泉をフィーチャーする。昨年の企画では、杉山氏に彼ら5人の“生態”について語っていただいたが、今年は彼らと長年番組制作に関わってきたスタッフを直撃。北海道テレビ東京支社の会議室から北海道の本社をオンラインで繋いで、「チームナックス」の素顔を存分に語っていただいた。

「普通の番組で普通のタレントさんであれば、恐らく“それ”を隠そうとしたり、ごまかそうとしたりすると思うのですが……」

そう語ってくれたのは、昨年、大泉の“魔法”を高く評価していた杉山氏だ。今回の全国放送ではいったい何があったのか? すでに新聞やWEBニュースでも取り上げられているため、ご存じの方も多いだろう。実は、知床を舞台に行われた全国放送第3弾のロケ前日、大泉はNHK大河ドラマ『真田丸』の打ち上げに参加しており、なんと泥酔したまま収録に参加。さすがの杉山氏も、

「あれはちょっとした衝撃でしたね(笑)。例えば、泥酔していたとしても、カメラも回って収録がスタートとなれば、普通はシャキッとしてカメラの前に立つと思うんですよね、普通は……(笑)。大泉さんは、この日の朝、知床最寄りの空港に到着した時、そうとうへべれけで、しかももの凄く寒かったにも関わらず、Tシャツに薄いジャンパーを1枚羽織っただけの姿でやってきました(笑)。そこからヘアメイクをしたり、着替えをしたりと準備をする中で“本番仕様”の顔になると思っていたのですが、まさか、そのままくるんだなぁと……(笑)」(杉山)

20年以上の付き合いにもなる杉山氏でさえ“衝撃”だったという泥酔の大泉。そんな状態で、収録への不安はなかったのだろうか。

「泥酔のまま出ることによって、面白くなるという彼なりの狙いもあったんだとは思いますが、タレント生命的にいうと諸刃の剣(笑)。普段のローカル放送であれば、なんとなく想像も付くのですが、全国放送という場で、“あれができる凄さ”というのは新たな発見でした。しかも、“タレント然とせずに出る”ことで逆に面白くなっています。素の持っている力というか、それは感じましたね(杉山)

その後のロケに支障はなかったのだろうか。

「大丈夫でしたね。オンエアではかなり割愛してしまっているシーンもあるのですが、途中本当に眠そうで、寝かけた瞬間とかもあります(笑)。しかし、車内トークでも絶妙に笑いをとっていて、そこは流石だなと思いましたね。その様子は、おそらく道内ローカルの未公開集などでお見せできると思っています」(杉山)

大泉の“泥酔出演”は、他のスタッフからも反響が多く、

「日曜日の昼間に、泥酔した人がはしゃいでる姿を見るのはなかなかの醍醐味。楽しいんじゃないですかね(笑)」(小山康範/カメラマン)

「冒頭はやはり注目です。安田さんの“大失態”もありますし、酔っ払った人が普通に出ていますので……(笑)」(松澤聡/音声)

松澤氏がいう安田の失態も気になるところ。安田といえば、昨年放送された全国放送第2弾で、本番に遅刻するという前科があるだけに、今年は何をやらかしてしまったのだろうか。冒頭から見どころ満載の今回、収録を振り返り、ベスト○○賞をスタッフに考えてもらったところ、

「安田さんに“ベストお疲れ様でしたで賞”を! いろいろな意味でお疲れ様でしたということで(笑)」(柳田知秀/HTBアナウンサー、今回の進行役)

「宣伝担当としていうならば、記者会見でも大泉さんのあの泥酔は、翌日のニュースで大きく見出しになっていたこともあって、あれは最高に面白かったので“素敵な切り口を作ってくれたで賞”というのをあげたいです」(秋山桃子/宣伝担当)

「安田さんが、ガウンを着て出てくる場面があるのですが、それが凄く似合っていていまして、“ベストセクシー男優で賞”。あの姿は、『特命係長』の高橋克典さんみたいでした(笑)」(小山)

そして、大泉の泥酔に驚いていた杉山氏からは、

「そうは言っても、やっぱり大泉さんは頑張っていましたね。酔ってはいても、全てを拾いにいっていたのは彼でしたので、いろんな意味で(笑)。メンバーの失態に対するツッコミとか、自分の失態もちゃんとリカバーするボケとか…。 なので、“酔っても尚、強かったで賞”をあげたいですね」(杉山)

今回の全国放送第3弾は北海道の東に位置する世界遺産の秘境・知床が舞台。チームナックスのメンバー5人が一泊二日のドライブに出発し、知床を“よりディープに”楽しむために用意された「看板探し」ゲームを通して、知床ならではの大自然や絶景、希少な魚や肉をはじめ海の幸から山の恵みまでが揃うご当地グルメや、地元の人々とのふれあいを満喫する。また番組は、自分たちのロケの様子を5人がスタジオで見ながら、好き勝手に振り返るスタイルで構成されており、爆笑必至のスタジオトークにも注目。ちなみに、セットにも番組ならではのこだわり!? が施されており、

「中学生時代の大泉さんの写真とか無造作に飾ってありますが、ほとんど意図はなく、片付け忘れたというか……(笑)。実は昔、メンバーそれぞれの自宅に内緒で行って、ご両親のお許しを頂いた上で本人たちの大事な品を勝手にひっくり返して、そこからいろんな過去を暴き出すという企画をやったことがありました。その時、現品ではなく、コピーしたりした品々がスタジオには飾ってありまして、大泉さんの写真もこの辺りに置いておこうかって感じで、わりと雑然と置いてあります(笑)」(杉山)

チームナックスのメンバーが囲んでいるテーブルも変わったデザイン。

「あれは、もう10年以上前にスタジオを作った時から使っているテーブルでして、札幌では知る人ぞ知るデザイナー/イラストレーターの鯨森惣七さんによるものです。セットの後ろの方に魚の飾り物とかもあるのですが、あの辺りのデザインも鯨森さんに全部手掛けていただいていて、それを今でも使っています」(杉山)

連載の最終回となる今回。改めてスタッフに、全国放送第3弾の見どころを語っていただいたところ、これぞ“ハナタレ”スタッフというメッセージが、

「ぜひ見て下さい! お願いします! っていうのはチームナックスのメンバーの温度感とは違うと思いますので……(笑)。見たらクスッと笑えて、素敵な時間を過ごせると思います。役者としてのイメージとは異なり、本当に“素”の部分がさらされていますので、彼らには何もメリットはないのかもしれませんが……(笑)。そんな“ゆるい”感じでご覧いただけますと嬉しいです」(秋山)

「彼らの“素”のゆるい部分が全面にでている番組になっています。かしこまってみられると逆に恥ずかしいので(笑)、のんびりとご覧下さい」(加納潤哉/チーフディレクター)

「大爆笑の連続の面白さとは違う気もするのですが、日曜日の午後に、寝転んで気楽にみて楽しめる番組です。そして、もちろんチームナックスの素の面白さというのも信じていますが、一方で、舞台を北海道にしているという時点で北海道のもつ底力というか、“絶対に見応えのあるものになる”と根拠のない自信をもって番組を作っていますので、北海道ってやっぱり凄いなというのを気楽に感じていただきながらご覧いただけますと幸いです」(杉山)

ページトップへ
Twitter Facebook