本田望結が初主演で挑むドラマスペシャル『探偵少女アリサの事件簿』(テレビ朝日系列)が、1月28日(土)21時から放送。その劇中、謎の市議会議員役で出演する田中圭がずぶ濡れになるシーンで、美しい身体が露わになることがわかった。

大人気ミステリー作家・東川篤哉氏の同名小説『探偵少女アリサの事件簿』を初めて映像化した本作。本田は、主人公の天才探偵少女・綾羅木有紗(あやらぎ・ありさ)役で登場する。ストーリーは、小さな孤島にある屋敷で起きた連続殺人事件に巻き込まれた有紗が、完全密室で次々起こる「不思議の国のアリス」になぞらえた奇妙な殺人事件の謎を鮮やかに解き明かしてしていくといったもの。

この作品で田中は、橘良太を演じるが、彼は市議会議員・神木章介を装って有紗に近づく謎の男でもある。物語冒頭では、その存在は謎に包まれたものとなっており、22時過ぎに彼の正体が判明してからストーリーが大きく急展開していくという。

怪しさ満点で有紗に近づく田中だが、劇中では身体を張って有紗を助けるシーンも登場する。時に雨に打たれ、びしょ濡れになりながら、またあるときは川や海に飛び込みずぶ濡れになりながら、決死の形相で有紗を助ける姿も……。さらに、水に濡れたシャツの下に隠れた逞しい身体にも注目。年末に放送されたドラマで「実はマッチョな田中圭」と、密かに話題になっていたことも記憶に新しいが、本作でも、美しい筋肉に包まれた身体が披露されるのか、注目だ。

また、“推理”といえば……、『京都地検の女』『法医学教室の事件ファイル』など、数え上げればキリがないほどのミステリードラマに出演し、数々の事件を“推理→解決”してきた名取裕子も出演。今作ではなんと“犯人候補”の一人として登場し、有紗たちが宿泊する孤島の屋敷で家政婦として働く奥野智美を、怪しさたっぷりに演じる。

野村宗弘の漫画『うきわ』を原作に据え、門脇麦×共演・森山直太朗がお隣同士の危うい関係"サレ妻×サレ夫"を演じる『うきわ--友達以上、不倫未満--』(テレビ東京)の第6話が、9月13日に放送された。 麻衣子(門脇)はとうとうベランダで互いの間を隔てていた壁を乗り越え、二葉(森山)のもとに行く。しかし、突然、帰りが遅いはずだった二葉の妻・聖(西田尚美)が帰って来て・・・。聖になじられた麻衣子は言う。「...

ページトップへ
Twitter Facebook