鈴木伸之佐野勇斗がW主演を務める刑事ドラマ『俺たちはあぶなくない~クールにさぼる刑事たち』(MBSほか、毎週木曜24:59~)の第3話が、10月1日に放送。インターネット上では、鈴木と佐野の他、共演者の矢野聖人猪野広樹にも注目が集まった(MBS以外の放送局については文末に記載。以下、ネタバレが含まれます)。

とにかく熱い昭和の刑事や、世のために踏ん張った平成の刑事とは一線を画す、自分の未来と平和のために戦うコスパ重視な令和の刑事を描く新時代のポリスコメディ。凶悪事件を解決せずに、あぶない橋も渡らない、後ろ向きだけど超カッコいい2人の刑事が、“シャレオツ”な街にある警視庁麻布中央署を舞台に、己のライフスタイルを守るため、あの手この手でサボりまくる。

長州一家と若松組による対立抗争事件を追っていた麻布中央署の刑事課では、月賀梨男(矢野)と伊喜利辰巳(猪野)のコンビが事件のキーマンである平野修一(永岡佑)の取り調べを行い、高野心(鈴木)と世中渡(佐野)のコンビが平野の足取りから永井山に物証があると踏んで捜査を続けていた。

取り調べでは、「俺もしつこいことで有名でね」と凄む月賀と、サポートするつもりで、つい月賀の過去の失態を口にしてしまう伊喜利。しかし、平野は口を割らず、月賀はいらだちを募らせた結果、勢い余って手を机に叩きつけて、骨を折ってしまう。そんな状況になっているとは知らない高野と世中は、捜査もせずに永井山でアウトドアをエンジョイ。「たまにはこういう自然にどっぷり浸るのも大切だな」と、サボりながら釣りやバーベキューを楽しんでいた。

キャンプ場では、ソロキャンプ中の男と仲良くなった高野と世中。しかし、男の言動に違和感を覚えた2人は、電話で宇和佐好江(三吉彩花)に調査を依頼する。男の名前は双木康平(内村遥)と言い、若松組組長を銃で殺害した逃亡中の被疑者であることが判明。2人はサボっていたことがバレないよう、その場から立ち去ろうとするが、タイミング悪く警察無線が入ってしまい、双木に刑事だと知られてしまう。

一度は激昂するものの、「逃げるのに疲れた」と自首しようとする双木。高野は、双木の話から真犯人は別にいると推理し、このまま逮捕した際に双木が冤罪だったら自分の評価が下がることになると思い至り、自首を思いとどまらせようとする。

刑務所の怖い話などで双木を自首させないようにしむける2人だったが、双木の気持ちが変わらないことを知ると、ロープで拘束。「俺たちのほうが犯罪者っすよ」と慌てる世中に、高野は「ちょっと思うところがあってな」と、双木が持っていた地図を頼りに犯行に使われた銃を掘り当て、実は双木が平野から脅されて組長殺害の罪を被っていたことを突き止める。

娘のために他人の罪を背負おうとする双木に対し、高野は「あんたのやってきたことは、もっともコスパの悪い最悪の行為だ!」と指摘。双木は全ての真実を話し、高野が取調室にいる月賀に連絡したことで、事件は解決する。

ネット上では、高野と世中の活躍に「なんやかんやで事件をコスパよく解決していくのが実に爽快」「お二人が楽しそうなのがほんとに伝わってきます」などの声が挙がると同時に、取調室でドタバタ劇を繰り広げた月賀と伊喜利についても「月賀さんと伊喜利くんのコンビなんか母と子みたいで癒されるw」「月賀伊喜利コンビが散々だったけど彼ら無くしてこのドラマは成り立たないのよね。高野世中コンビが山の中でワイワイキャンプしてる画と月賀伊喜利コンビが閉鎖的な空間でモヤモヤしながら取調べしてる画の対比が抜群に面白かった!」などのコメントが寄せられていた。

次回、第4話は10月8日放送。巷で高齢者を狙った詐欺事件が多発し、高野と世中は、団地で詐欺集団の張り込みをするが……。

■放送情報
テレビ神奈川 毎週木曜23:00~
チバテレ 毎週金曜24:00~
テレ玉 毎週水曜24:00~
とちテレ 毎週木曜22:25~
群馬テレビ 毎週木曜23:30~

次回 1月20日(水)よる10時放送、恋愛小説家の母・碧(菅野美穂)と恋愛に興味のない漫画オタクの娘・空(浜辺美波)の恋の行方を描く水曜ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」。イケメン整体師・渉周一役の東啓介が、ドラマオフィシャルブログ(https://am

ページトップへ
Twitter Facebook