池脇千鶴が9年ぶりに連ドラ主演を務めるオトナの土ドラ『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第2話が、1月16日に放送。インターネット上では、池脇演じる笛吹新の頑張る姿に感動する視聴者が多く、多数のコメントがあがっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有間しのぶによる話題作が原作。人生を諦めかけていた40歳の新が、超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」の扉を開き、どんな時代も明るくポジティブに生きてきた熟女ホステスたちの影響をうけ、前向きに歩み始める物語。

今日も新は倉庫での仕事は定時に退社し、熟女BAR「OLD JACK&ROSE」へ働きに向かう。ホストにのめり込んでいると信じてやまない上司の浜田スミレ(江口のりこ)、同僚の村木みか(真飛聖)、元カレの前園真琴(山崎樹範)は彼女を心配する。

そんな中、新がいつものようにBARでアルバイトをしていると、突然部屋が真っ暗に。「停電?」と慌てるが、バー恒例のダンスタイムだという。ホステスが「いかが?」と言えば、客は「いこうか」と返す。そうして、それぞれがダンスを踊りだした。新が「すっごい上手!」と見惚れていると、花山(芋洗坂係長)から「踊るよ!」と誘いを受けてしまう。運動音痴の新はオロオロ。まったくステップを踏めずに恥をかいてしまった。周囲からも「ダンスというより相撲!」と揶揄される始末だ。

閉店後落ち込んでいると、マスターの蛇ノ目幸吉(品川徹)から「ソシアルダンスの特訓だな!」と声をかけられた。ホステスの面々も「ベソかいてないで、もっと女としての自信を持たなきゃ。そのためのダンスよ!」「女はシジュー(40歳)から!」と鼓舞された。

幸吉の孫であるダンスのインストラクターを招集して特訓。少しずつ踊れるようになるにつれて、新の私生活も明るくなっていく。

その後、花山と再びダンスをして見事にステップを踏んだ新。見事にリベンジを果たした。その日は給料日。新は給料袋を受け取って涙ぐむ。達成感に包まれ「社会人になって、手渡しでお給料いただくの初めてだなって」とポツリ。続けて「みなさんありがとうございました。まだまだですが、これからもよろしくお願いします」と頭を下げた。

ネット上では、そんな新の頑張りに感動したようで「感情移入しちゃう」「お店のみんな(お客様も含めて)とのシーンは心にくるものがあって、勝手に涙出てきた。ジーンとくる」「今日も前向きになれる時間をありがとう」との声があった。

次回第3話は1月23日に放送。新はスミレやみかに熟女バーで働いていることを告白せざるをえない状況になって……。

水川あさみが主演を務める土曜ドラマ9『ナイルパーチの女子会』(BSテレ東、毎週土曜21:00~)の第6話が、3月6日に放送。それぞれの過去や家庭事情が明らかになるストーリーと、主要キャストの熱演に、インターネット上では称賛の声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook