鈴木仁、松井玲奈

松井玲奈が主演を務めるドラマ『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて配信されることが決定した。松井は、鈴木仁演じる9歳年下の男性から愛の告白を受ける30歳の会社員・森山志乃を演じる。

同作は結婚を意識しはじめた30歳の女性が、大人として理性や現実に迫られながらも、理想の恋を追いかける姿を描いた畑亜希美原作の人気漫画が原作。松井演じる志乃は、現在彼氏はいないが、仕事も恋も遊びも一通り経験してきて、そろそろ結婚を意識する年頃。同年代の男性とお互いに駆け引きせず要領よく結婚したいと考えていたところへ、9歳も年下の佐藤真雪から突然告白される。志乃は真雪のまっすぐな思いに“結婚相手ができるまで”という条件で付き合うことになり……。

志乃を演じる松井は、月9『海月姫』(2018年、フジテレビ系)に出演し、今クールは『連続テレビ小説 エール』(NHK総合)に加え、『行列の女神~らーめん才遊記~』や『浦安鉄筋家族』(共にテレビ東京系)の3作品に出演中、活躍の場を広げ、着実に実力をつけてきた。

一方、真雪を演じる鈴木は、「MEN’S NON‐NO」専属モデルで、俳優としても、ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(2018年、TBS系)、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(2019年、日本テレビ系)で注目を集め、今後も多数待機作を控えている。

酸いも甘いも経験し、要領よく結婚をしたい大人の女性と、不器用だが真っすぐに情熱を伝える若い男子。結婚と恋愛は“別もの”ともいわれる世の中で、9歳という年齢、お互いの恋愛観、結婚観を乗り越え、葛藤しながらも前へ突き進んでいく本ドラマに、松井と鈴木が全力で挑戦する。

松井、鈴木、原作の畑、プロデューサーの清水一幸からコメントが到着。以下に、紹介する。

<松井玲奈 コメント>
30歳を目前にこれまでの自分を振り返ることが増えました。主人公の志乃は年下男子の真雪くんに出会うことで、これまで築きあげてきた価値観が変わっていきます。彼女と同じように悩み、時には喜びながら脚本を読んでいきました。見えないルールがある世の中で、自分たちなりの答えを見つけられる、素敵な作品だと思います。志乃に真剣に向き合い、真っ直ぐ、時にコミカルに演じていけたらと考えています。

<鈴木仁 コメント>
今回、佐藤真雪を演じることができ、とても嬉しく、楽しかったです。真雪は自分の気持ちに真っ直ぐな青年で、そこをどう自分に落とし込めるかものすごく考えました。原作ながらのキャラクターと人間らしさ、そのバランスを監督と話して作っていきました。子供な部分の中にある男らしさを、自分らしく演じられたのではないかと思います。真っ直ぐすぎてどこかほっとけない真雪を、そして作品を、愛を持って見ていただけたら嬉しいです!

<原作・畑亜希美 コメント>
『30禁』ドラマ化嬉しいです。最初お話をいただいた時はどうしようかとあたふたしてたんですが今は放映されるのが楽しみです。役者さんが演じる志乃と真雪に期待大です。漫画との違いを楽しんでいただけたら幸いです。

<企画・プロデュース 清水一幸 コメント>
今回『30禁』という作品に出会えたこと、そしてそれを映像化出来ること、本当にワクワクしています。仕事も恋も、大抵のことは経験してきた30歳の女性が次に考えた“結婚”。それが一筋縄ではいかない……というのはありがちな展開だと思いますが、まさかの9つ下の男の子から突然の告白。その“まさか”の展開が、この作品の中では“もしかしたら、あるかも?”と思わせる感じに惹かれ、「絶対、映像化したい!」と思いました。松井玲奈さん演じる志乃、鈴木仁さん演じる真雪はホント、原作のイメージにピッタリ! 理想のキャスティングが叶いました。2人の演じる志乃と真雪。いろんなところが“羨ましい!”と思うこと、間違いないです(笑)。楽しみにしていてください!

逢沢りなが、7月10日に放送される栗山千明主演の金曜8時のドラマ『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』(テレビ東京系、毎週金曜20:00〜)の最終話(第10話)にゲスト出演する。逢沢が演じる香澄と交際した相手は次々に不審死を遂げていて……。 宇梶剛士 椎名香奈江 野村修一

ページトップへ
Twitter Facebook