オトナの土ドラ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜』(東海テレビ・フジテレビ系、12月7日スタート、毎週土曜23:40~)の制作発表が3日、都内で行われ、出演する要潤、ベッキー、津田寛治が登壇した。

白石聖が主役・小野田詩弦役を務めるオトナの土ドラ『恐怖新聞』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第5話が9月26日に放送。インターネット上では、江戸時代にさかのぼる設定に驚きの声が多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook