松岡昌宏、城島茂、博多華丸・大吉、長瀬智也、国分太一

博多華丸・大吉が、9月18日に放送される『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00~)にゲストとして初出演する。

同番組は、TOKIOメンバーとゲストが、駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティ。

博多大吉が「公私ともに、芸能界でいちばん一緒に飲んでいるのは松岡さん」と告白。国分太一が「プライベートの松岡はどういう感じなんですか?」と尋ねると、大吉は「いい機会だから言わせて下さい」と張り切り、「めちゃめちゃメンバーのこと大好きですよ」と明かす。「ちょっとした合間でもよく出てきますよ、お三方の名前が。プライベートでもロケ中でも。これをリーダーにやらせたら……、あいつもかっこいいけどうちのボーカルにはかなわないよ……とか。とにかくお三方への愛が深い」と松岡のTOKIO愛の深さを語る。一方、国分からも「大吉さんの名前もよく聞きます」と明かされ、照れまくった松岡は「何の三者面談なんだ!」と思わず立ち上がる。

また、恒例の「生まれて初めて聞かれました」では2人の知られざる一面を引き出すため、TOKIOが今まで聞かれたことがないであろう質問をぶつけていく。「フジテレビで最も古い“華大”は?」という質問では、2人が“アイドル芸人”として活動していた頃の、フジテレビにある博多華丸・大吉の最古映像が披露される。実は大吉は「やめようと思ったことが多かった」そうで、1年休養していた話を明かす。その時、あるTOKIOのメンバーが大吉に衝撃を与えたという。一体誰と、どのようなことがあったのか!?

他にも、他局の収録中の楽屋に『TOKIOカケル』のカメラが密着した映像や、博多華丸が優勝した『R-1ぐらんぷり』(2006年2月、フジテレビ)の決勝前夜での大げんかのエピソードなど、博多華丸・大吉の意外な一面がTOKIOの巧みなトーク展開によって明らかにされる。

マツコ・デラックスと関ジャニ∞の村上信五がMCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系、毎週月曜23:59~)の2時間SP『月曜から夜ふかし~秋の日本の大大大問題 一斉調査SP~』が、10月14日21時から放送される。

ページトップへ
Twitter Facebook