クランクインまでの心境を明かす竹財輝之助

動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」のオリジナルドラマ『ポルノグラファー~インディゴの気分~』で、主人公のポルノ小説家・木島理生を演じた俳優・竹財輝之助のインタビューがFODにて配信中。竹財は、撮影前に抱いていた思いや印象的だったシーンなどについて語った。

『インディゴの気分』は、昨年FODで配信されて大ヒットを記録した『ポルノグラファー』の前日譚にあたる丸木戸マキ原作のBLドラマ。前作から引き続き、竹財が木島を、吉田宗洋がポルノ小説の編集者・城戸士郎を演じた。また、最終話には、前作で木島と結ばれた猪塚健太演じる久住春彦も登場。前作からのファンはもちろん、新規ファンも取り込みながら、物語は大好評のうちに幕を閉じた。

現在は、撮影を振り返る形で猪塚、吉田、そして大御所ポルノ作家・蒲生田郁夫を演じた大石吾朗のインタビューを配信中。そしてこの度、満を持して竹財のインタビューが配信された。

竹財は、『インディゴの気分』の制作が決まった瞬間、喜びと同時に強いプレッシャーを感じたことを告白。「怖い」「逃げたい」という思いを抱えたまま撮影初日を迎えたことを明かした。

そんな竹財の緊張を和らげたのは、前作と同じスタッフの顔ぶれだった。竹財は、「木島理生ってどんな人だったかなって思ってたんですけど、今回、スタッフさんが結構、(前作と)同じメンツを揃えてくださって。その方たちの顔を見たら、“あ! けっこうスッといけるな”と思って」と振り返った。さらに「(最初の撮影は)車の中のシーンだったんですけど、城戸と話してみて、あ、こんな感じだったな、たぶんって思って」と、実際に演じることで勘を取り戻していったことを打ち明けた。

また、本作での印象に残るシーンを聞かれた竹財は、「城戸のカッコよかったシーン」として、城戸が木島に本心をぶつける場面を挙げ、「城戸が自分の気持ちを吐露するところはすごい良い顔してたんで。前回は前回で、春彦が良い顔するところもいっぱいあって、今回は城戸の良い顔をいろいろ見れました」とにっこり。さらに、前作で春彦が木島へ思いを伝えるシーンとの類似性を説明し、「オマージュというか、同じような演出だったので、そこら辺も重ねて見てみると面白いかもしれないですね」と提案した。

最後に竹財は、ファンからの熱い後押しによって本作の映像化が実現したことに感謝し、ファンに向けて「また次があるように動かしてください」と茶目っ気たっぷりに訴えた。

テレビ東京では、毎週⽔曜深夜0時30分からのドラマParavi枠で「つまり好きって⾔いたいんだけど、」を放送中です。また、このドラマは動画配信サービス「Paravi」で毎週⽔曜夜9時より毎話独占先⾏配信中です。「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」「恋はつづくよどこまでも」に並ぶ、売上部数60万部を突破した円城寺マキ著のヒット作「つまり好きって⾔いたいんだけど、」(⼩学館 プチコミックフラワーコミックス α刊)を⼤原櫻⼦主演で初ドラマ化!「嘘が⼤嫌い」な主⼈公・千歳(⼤原櫻⼦)が、突如

ページトップへ
Twitter Facebook