松坂桃李主演のドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第6話が、5月28日に放送。このほど、川奈つぐみ役の山本美月から、第5話で鮎川樹(松坂)と別れることになったシーンについてコメントが到着した。

本作は、女性コミック誌「Kiss」(講談社)で連載中の有賀リエによる同名コミックを原作としたラブストーリー。不慮の事故で突然車いす生活を送ることになり、生涯一人で生きていくと決めていた建築士・樹が、高校の同級生・つぐみと再会し、心を通わせる姿を描いていく。

第5話では、つぐみがホームから転落しケガをしたのは、何もできない自分のせいだと自分自身を責める樹に、追い打ちをかけるようにつぐみの父・元久(松重豊)から「頼む! 娘と別れてくれ」と土下座されてしまう。そして、そんな樹は自分といると“つぐみのことをどんどん不幸にさせてしまう”と、つぐみを思い、別れを告げるところで物語が終わった。このつぐみを思ってこその樹の決断に、SNS上では「大号泣」「ものすごく切なくて涙が止まらなかった」「それぞれの立場の気持ちがわかる」「これぞまさに純愛」といった感想が寄せられ、多くの視聴者が涙した。第6話では、互いに断ち切れない思いを抱きながらも、新たな人生のスタートを切った二人のそれぞれの姿を描いていく。

山本は、第5話の撮影について「つぐみの気持ちに引っ張られて、(第5話のラストで)別れた日(の撮影)はきつかったなぁ」と撮影の裏側をポロリ。さらに「あれだけ大きい恋愛をしていると、喪失感も本当に大きいと思うので、そばで支えてくれる人がいたら甘えてしまう気持ちは分かります」と、幼なじみの是枝洋貴(瀬戸康史)につい頼ってしまう、つぐみに共感する本音も明かした。

ちなみに自身が大失恋をしたら、どのように立ち直るのかという質問については、「大人になるにつれて“時間がかかるなあ”と思いますが、やっぱり、新しい恋愛をするのが一番だと思います。“女友達とたくさん遊ぶ”とか言うけど、それだけで埋まるような恋愛は、大恋愛ではない気がします。でもなかなか出来ないんですよね〜、新しい恋って(笑)」と笑顔を浮かべて答えた。

さらに、松重と堀内敬子が演じるつぐみの両親については「すごく愛情を感じます。愛情があるから、厳しくされているのが分かります。“この人たちのことを傷つけたくないな”って思わせる空気感は、本当にすごい。長女としてあのご両親に育てられたら“気持ちに応えたい”という思いが、強くなると思います」と回答。

第6話では、長女で責任感の強いつぐみは、樹への思いを断ち切るためにも地元・松本へ帰る決断をするが、樹とつぐみ、運命の歯車は本当に止まってしまったのか……?

<第6話あらすじ>
「娘は、自分の代わりに背負って歩いてくれる人に任せたい」――娘の幸せを願う元久(松重)の言葉がきっかけで、つぐみ(山本)との未来について改めて考えた樹(松坂)。このまま一緒にいても、自分ではつぐみを幸せにするどころか、ピンチに駆けつけることもできない。つぐみのことを大切に思っているからこそ、悩んだ末に樹が出した答えは“別れ”だった……。

樹に突然別れを告げられ、失意のどん底で帰宅したつぐみに、実家からある知らせが届いていた。しおり(岡崎紗絵)と洋貴(瀬戸)とともに急いで松本へ向かうが、これを機につぐみは、まだ心に残っている樹への思いを断ち切るためにも、仕事を辞めて東京から離れることを決意。洋貴は、そんなつぐみの胸の内を察しつつも、改めてつぐみへの思いを告げる。

一方、自ら恋に終止符を打った樹もまた、つぐみへの思いを捨てきれずにいた。そんなある日、上司の渡辺(木村祐一)から、つぐみが東京から去ることを聞いた樹。二度と会えなくなるかもしれない……そう思った樹は、急いで高速バスの乗り場へ向かう!

ドラマホリック!「DIVE‼」(毎週水曜深夜0時放送)が、4月14日(水)スタート。直木賞作家の森絵都のベストセラー小説で、これまでラジオドラマ、映画、コミック、アニメ、舞台と様々なメディア展開されている超人気作。所属するダイビングクラブの存続をかけて"飛び込み"でオリンピック出場を目指す中高生の3人の成長を熱く描いた青春物語の金字塔に、ジャニーズJr.の超人気注目株・HiHi Jetsのメンバー3人が挑む。気弱ながらコーチに才能を見初められオリンピックを目指すことになる坂井知季役を、井上瑞稀さ

ページトップへ
Twitter Facebook