左から、井森美幸、川島明、大悟、ノブ、ユースケ、津田篤宏

千鳥ノブ大悟)がMCを務めるバラエティ特番『千鳥の「話の引き出し」』(カンテレ※関西ローカル)が、5月18日(土)15時から放送される。ゲストは、井森美幸麒麟川島明ダイアンユースケ津田篤宏)。

この番組は、知って得する驚きの「引き出し」から、誰かに話したくなる面白い「引き出し」まで、「話の引き出し」を増やすため、テーマごとに有識者からとっておきの話を聞きまくる特別番組の第2弾。

「最新医学」のテーマでは、遺伝子検査の約10分の1の値段で行うことができるという唾液検査を千鳥の2人が体験する。この検査ではガンのリスクがわかるそうで、スタジオには収録前に行われた千鳥の検査結果が到着。その結果を見た2人のリアルすぎる反応に注目したい。

また、有識者として登場したメンタリストのDaiGoは、すぐに使える恋愛テクニックを伝授。印象を良くする会話術や女子力をあげるポイントなど、出演者たちは、DaiGoならではの驚きの手法を学んでいく。先日、西澤裕介から改名したダイアンのユースケは、さっそく学んだばかりの恋愛テクニックを井森相手に実践。しかし、スタジオではなぜか笑いが巻き起こってしまう。

続いては、島田秀平狩野英孝、現役巫女アイドル・岡部真実がパワースポットや神社仏閣についての「引き出し」を披露。仕事が舞い込むパワースポットや美人になれるお寺など、3人がとっておきの場所を紹介する。

「関西芸人」のテーマでは、かまいたちがレポーターとなり、すっちー月亭八光など、なんばグランド花月にいる芸人たちを直撃。身内だからこそ知る、とんでもエピソードが続々と飛び出す。

さらに、新コーナー「引き出し倶楽部」では、有村昆岸博幸ダイノジ大谷ノブ彦角由紀子の4人が登場。4人は、くじ引きで選ばれたテーマに合わせて、即興でためになる「引き出し」を披露する。1つのテーマから、次々とあふれ出る「引き出し」に千鳥も驚きを隠せない。

他にも、「野球」や「世界の犯罪」など、テーマごとに様々な「引き出し」が飛び出し、出演者たちを感心させる。

収録を終えた千鳥のノブは、「めちゃくちゃ楽しかったですね、あっという間でした。話の引き出しを開けてもらって、話を聞いて、自分の引き出しを増やす、というシンプルな構図なんですけど、やっぱり話が面白い人は山ほどいますね」と感心。

また、印象に残ったことを聞かれた大悟は、「NGK(なんばグランド花月)で、師匠方のおもしろ話を聞くところですね。NGKで話聞いただけで、あんだけエピソードが出てくるのはすごいなと。感心しました」と、手放しで絶賛していた。

好評を受けての第2弾ということもあり、目指すはレギュラー化。ノブは、「やっぱり収録楽しいですし、話の引き出しもまだまだいっぱいあると思いますんで、ぜひこのメンバーでやれたらなと思います!」と意欲をのぞかせ、大悟は「そうですね、手ごたえはあるんですけど……。もしレギュラーにするってなったら、あとは津田の立ち位置をどうするかですよね(苦笑)。そこだけみんなで考えましょう。あとは完璧な布陣やと思います」と笑わせた。

先生と会いたい芸能人が自らの手で探し出し、ガチで居場所を突き止める「先生、、、どこにいるんですか?~会って、どうしても感謝の言葉を伝えたい。~」(毎週金曜夜6時55分放送)。今回は10月11日(金)の放送から、俳優・加藤雅也が芸能界に進む時に、背中を押してくれた恩師を探す模様を振り返る。「お金を払ってでも勉強しろ」芸能界入りを悩む加藤への言葉俳優の加藤雅也(56歳)が、今、どうしても会いたいのは、35年前、大学のゼミでお世話になった助教授、蝶間林利男先生。比較的歳が近かったこともあり、「先生とい

ページトップへ
Twitter Facebook