長澤まさみ東出昌大小日向文世の共演が話題となったドラマ『コンフィデンスマンJP』が映画化。『コンフィデンスマンJP』として、5月17日(金)に全国公開される。

同作品は、2018年4月クールの「月9ドラマ」として放送され、主演の長澤、東出、小日向が、それぞれダー子、ボクちゃん、リチャードという3人の信用詐欺師に扮して、壮絶なだまし合いや詐欺バトルを繰り広げた1話完結型の痛快エンターテインメントコメディ。

このたび、自称・ダー子の筆頭子猫ちゃん 五十嵐役の小手伸也が福岡で生涯初の宣伝キャンペーンを実施。さまざまなローカル媒体の取材、収録を受けた他、第2回となるファンミーティングが行われた。

ローカル媒体の取材回りでは、これまた人生初の雑誌の表紙も獲得。4月20日発売の「シティ情報ふくおか」にて掲載される。また、インタビュアーには熱狂的な五十嵐ファンが潜んでおり、「大ファンです! 触っていいですか?」と言われる衝撃の一幕も。

その後に客席30席というかなりプレミア感のある映写室で行ったファンミーティングでは客席の中に「いがらし」と書かれた手製団扇を持った観客もいて、ほぼ全員女性ファンという会場が不思議な熱気に包まれていた。この体験もまた小手にとって「初」の経験であり、「初」モノ尽くしの今回のキャンペーン、ひいてはこの作品を通して、本人曰く「コンフィデンスマンは“初”泥棒」と言わしめた。

尚、集められたコアなファンの方々は、大掛かりな詐欺を仕掛ける主役“ダー子”(長澤)の周りにいる協力者たち=“子猫ちゃん”と呼ばれ、映画公式サイト内「ダー子の子猫Club」の募集より集まった精鋭たち。昨年12月19日に開催された第1回の「子猫ちゃんたちの集い~忘年会編~」が大好評につき、今回は「お花見編」と銘打って2度目の開催となった。

登場早々、「小手伸也こと五十嵐です」という自己紹介で、福岡のみならず長崎や熊本、大分など九州各地から駆けつけた選び抜かれた子猫ちゃんたちは大喜び。実は今回が3度目の福岡という小手。初めて来福した際食べた「ごまさば」に感動した、というエピソードを披露。この日の昼食で食べた鳥の水炊き含め、「福岡は何を食べても美味しい場所、今日泊まりだったらよかったのに……」とつぶやく場面も。

その後、小手と成河広明プロデューサーによるドラマ第2話の副音声上映が行われ、BGMとシーンの合わせ方のこだわりや、冒頭のダー子のヅラは実は映画にも登場しておりしかもちゃんと理由があるなど小道具の話を披露。また、島の奥から歩いてくるシーンでロケ場所は実は行き止まりで何も無いところから歩き出している、さらに民宿は実はセットでスィートルームの隣、などロケ場所のマル秘エピソードから、実は撮影順序がバラバラなので最初にスイートルームでのラストシーンを撮影することも多くテンションの持って行き方が難しいなどなど、様々な裏情報を語った。

最後、小手退場の際には高揚したファンたちとのハイタッチもあり、自称シンデレラおじさん“小手伸也”の神対応に終始ファンたち、もとい子猫ちゃんたちも大喜び。キャンペーン終了後、羽田空港につくや否や次の現場にそのまま連行されるというスケジュール繰り含めて、まるでアイドルのようなファンたちの待遇にご満悦な五十嵐だった。

1973年に「吉田さより」名義で『非情のライセンス』(テレビ朝日系)で女優デビューし、『江戸の旋風IV』(フジテレビ系)や映画『竹山ひとり旅』(新藤兼人監督)などドラマ、映画に出演。1980年に改名し、日活ロマンポルノの

ページトップへ
Twitter Facebook