3月21日(木)21時からNEWS小山慶一郎KAT-TUN中丸雄一がMCを務めるバラエティ『おたすけJAPAN』(フジテレビ系)の第3弾が放送される。これを記念して、3月13日(水)から渋谷にてスペシャルポスターが掲出されることが決定した。

同番組は、世界の国々で困っている人の役に立とうと、日本が誇る一流の技術者や職人が現地へ行き、さまざまな困難に見舞われながらも、問題を解決していく、ワールドワイドなドキュメントバラエティ。芸能人らも“おたすけサポーター”として技術者や職人に同行し「困っている人を助けたい」と悪戦苦闘しながらも懸命に技術者をサポートする。そんな“おたすけ”の模様をスタジオで見守り、現地の人が困っている問題の本質や現状を分かりやすく整理しながら進行していくのがMCの小山と中丸の2人だ。

第3弾となる今回は、全編を通して<危険生物の捕獲・保護>にフィーチャー。そして、これまで“おたすけ”を見守ってきたMCの小山が初の“おたすけサポーター”として海外へ飛ぶ。“おたすけ”するのは、今回が日本のTVカメラ初潜入となる、エクアドルのアマゾン熱帯雨林の奥地で暮らすケチュア族。「子供たちに日本料理の技法を使って、現地の食材でごちそうを食べさせて欲しい」というSOSに応える。

小山は、前回アマゾンを経験したNEWSの増田貴久を隊長に、日本が世界に誇る和食の料理人・笹岡隆次の3人という一行で、東京から片道40時間以上をかけて現地へ。ケチュア族の人たちと交流を図りながら、小山は高温多湿の熱帯雨林という過酷な状況の中、この“おたすけ”のために四万十川で漁師から特訓を受けた投網を投げ続け、増田は未踏のジャングルへ。途中、軽い熱中症になりながらも、“美味しい日本食を子供たちに食べさせたい”という一心で“食材”である危険生物捕獲に挑む。アマゾンという2人の想像を超えた過酷な状況で捕らえられた驚くべき“食材”たちは必見! 和食料理人の笹岡は、ガスも水道もない状況の中での調理はもちろん、見たことすらない驚きの“食材”に悪戦苦闘する。はたして、増田率いる一行の“おたすけ”の行方は!?

そして、今回の放送を記念して掲出が決定したスペシャルポスターは、番組の見どころである危険生物に立ち向かう模様をストレートに具現化。中央に、これから危険生物に挑もうとする意思に満ちた“おたすけコンシェルジュ”姿の小山と中丸がレイアウトされているが、ポスターはところどころ、危険生物により破られたあとがあり、後ろからまったく別のポスターが垣間見えている。実はこのポスターは掲出期間中、徐々に破られていき、後ろの別のポスターが徐々に明らかになっていく、という仕掛けになっている。ぜひ実物をチェックしてみては?

■『おたすけJAPAN』スペシャルポスター掲出概要
3月13日(水)~3月18日(月)朝まで 東急渋谷駅 東急線改札内B4Fコンコース
3月18日(月)~3月22日(金)朝まで 東急渋谷駅 東急線改札内B4F田園都市線ホームとの連絡通路
破られるタイミング:3月15日(金)、3月18日(月)、3月20日(水)

※駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください
※駅や駅員の通常業務に支障をきたすような場合は、ポスター掲出が中止になる場合があります

ゴミ清掃員のあるあるネタで注目されている芸人をご存知だろうか?お笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一さんは、芸人としての苦しい生活を打破するため、ゴミ収集会社に就職。その体験や気づきを綴ったツイッターが話題を呼んでいる。ベストセラーの著書『このゴミは収集できません ~ゴミ清掃員が見たあり得ない光景~』(白夜書房)に続き、5月30日には漫画『ゴミ清掃員の日常』(講談社)を出版。今や、かつての人気を上回るほどの快進撃を続けている。そこで今回は、滝沢さんが普段の収集で感じているゴミについての想いを、詳

ページトップへ
Twitter Facebook