リリー・フランキー安藤サクラ松岡茉優らが9日、都内で行われた映画『万引き家族』の舞台あいさつに出席。劇中の重要なシーンに登場する池松壮亮も駆けつけ、映画の公開を祝った。

本作はいろいろな家族の形を描き続けてきた是枝監督が、この10年に考え続けてきたことをすべて詰め込んだ渾身の一作で、先日開催された第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門では、最高賞となるパルムドールを受賞したことも大きな話題となっている。舞台あいさつにはこのほか、子役の城桧吏佐々木みゆ、祖母役の樹木希林是枝裕和監督も登壇。“万引き家族”と監督が勢ぞろいし、再会する形となった。

物語の舞台は東京・下町。質素に暮らすある一家は、どこにでもいるような家族に見えるが、実は家族ぐるみで万引きなどで生計を立てていた。犯罪を繰り返しながらも笑いを絶やさず暮らしていたが、ある事件をきっかけにそれぞれの秘密や願いが明らかに。そして家族は引き裂かれ、衝撃的な展開へと向かっていく。

トークセッションでは、是枝監督が「小さく産んで小さな声で届けようと、スタートした作品でしたが、結果として広く遠くまで作品を届けることができた。キャスト、スタッフのおかげだと思います」と感謝を述べた。安藤が「(撮影は)穏やかなのに、とんでもない興奮や爆発が所々で起こるような……ちょっと感覚がおかしくなりそうだった。皆さんすごい方ばかりなのに。なんていうか、納豆ごはんみたいなんです」と、独自の感性でトークを展開すると、リリーは「この調子で今日、テレビでもトークしてきた。いつも通りです(笑)」と茶化した。安藤はめげずに「キャビアみたいなのに、いつもの納豆ごはんのように感じるんです。器の大きな監督がお茶碗のように受け止めてくれて。恐ろしくなるくらいでした」と独自の感性で語り続けた。

また、松岡は「今日、“家族”に会えるのが嬉しかったんですけど、なんで池松さんが来るのかなって(笑)」と、唯一池松との共演シーンのある松岡が、彼の登壇に触れた。そして「なぜか私、ソワソワしていたんです。その理由が、やっと彼(池松)を家族に紹介できるからなんだなって思いました」と笑顔を見せた。しかしながら、樹木から「幸せにはなれない相手よね」と厳しい一言が飛び、会場は拍手と笑いに包まれた。

そんな池松は「僕は出演も少なくて図々しいと思いながらも、ここに立ってます」とあいさつ。「作品を観た時、興奮して『パルムドール、獲って来てください』と監督に握手を求めてしまった。帰りにちょっとグイグイ行き過ぎたかなと思ったりもしたんですが、カンヌからとんでもないお土産を持って帰ってきてくださった。平成の終わりにこんなことが起こるとは。平成を生きた人間として嬉しい」と、作品に対する思いを口にした。樹木も「賞を獲れるのは偶然じゃないのよね。河瀨直美さんから電話がかかってきて、『貯めてたものが一挙に花開いた。本当に素晴らしい』と仰っていて。あの人が褒めるなんてね(笑)。世界に認められたのは快挙。これが映画の作家性だと思います。みんな感謝している」と、讃えた。

また、ステージでは子役のみゆちゃん手製のパルムドール像が是枝監督に贈られた。テレビでパルムドール像を見て、夢中で作ったという像を手に、監督は「本物はプロデューサーに渡して、僕はこれを持ち帰ります」と笑顔。最後のあいさつでは、力強く「納豆ごはんのような映画です」と安藤の言葉を借りて語り始めた。「自分を超えていく子供たちを遠くにみながら、親になっていく。そういう物語としても観ることができる。(納豆ごはんなので)毎日でも食べられると思います、また劇場に足を運んでいただければ」と締めくくった。

中学生のときに映画『ジュブナイル』で主人公の子役時代を演じて注目を集め、その後多くの映画・ドラマ・舞台に出演している遠藤雄弥さん。 順調な俳優人生を歩んでいたが、25歳のときに「このままではいずれ役者としてダメになってし

ページトップへ
Twitter Facebook