俳優の田中圭が、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて配信されるオリジナルドラマ『不倫食堂』で主演を務めることがわかった。

山口譲司原作の同名漫画(集英社/グランドジャンプにて連載中)をドラマ化した本作では、ご当地グルメの美味しさはもちろん、女性が食事をする際の色気を映像で表現。これまでのグルメドラマとは少し異なる“美食×美女”を描く大人のためのグルメ・コメディだ。

田中演じる主人公の山寺は、都内某企業に勤める35歳・妻子持ちの会社員。出張先でご当地グルメの“食べ歩き”を生きがいとしているが、なぜか行く先々で美しい人妻に出会う。そして、ただ美味しく食事をしていただけのはずが、気が付けばその人妻と肌を重ねてしまう事態に……。出張先で訪れる料理と人妻とのただならぬ一期一会。そしてそれに一喜一憂する主人公の姿をコミカルに描く。

ドラマは3月7日(水)18時よりスタートし、全4話を4週にわたって配信。第1話では、山寺が静岡県浜松市に出張へ赴き、「どうまん蟹」という幻のワタリ蟹を求め彷徨う。そして、最後に辿り着いた一軒の小料理屋で「どうまん蟹」だけでなく、安達祐実演じる女将・綾乃とも出会う。

第2話は、長野県伊那市の名物「チャーローメン」と、今野杏南演じる舞。第3話は、山梨県甲府市の「甲州 かつ丼」と、葉加瀬マイ演じる園子。第4話では、静岡県沼津市の「あんかけスパ」と、岩佐真悠子演じるあずさと関係を持つ。

オファーを受けた際、「『不倫食堂』とはなんだ!?」と思ったという田中。それから原作を読み、「とても面白かった」と感想を述べる一方で、「なんでこれをやろうと(ドラマ化しようと)思ったのか!? という驚きがありました(笑)」と語った。また、昨年は不倫する役が続いていたと言い、「その締めくくりが『不倫食堂』となったので、不倫(役)1年の総決算として面白いかな? と思い、この役を引き受けました」と理由を明かした。

共演する4人の美女については、「皆さん共通して“男らしさ”を感じました」と印象を。「撮影スケジュールもタイトで、ベッドシーンも多くある過酷な撮影にも関わらず、サバサバと進めていただけたので、思いっきりふざけることができました。皆さん、かっこよかったです!」と絶賛した。

最後に、「この作品は、男の“ダメな願望”が詰まっている話で、誰が見るんだろう? と思っています。でも、短い時間で、本当にくだらなくて、気軽にみられるドラマです。とてもバカバカしくて、深い内容は一切ありません(笑) 美味しい食事とセクシーな美女をご堪能ください」とメッセージを寄せていた。

日曜劇場『半沢直樹』(TBS系、7月19日スタート、毎週日曜21:00~)のオンライン制作発表が12日、都内で行われ、主人公の半沢直樹を演じる堺雅人ほか、共演者の上戸彩、及川光博、片岡愛之助、今田美桜、井川遥、尾上松也、市川猿之助、北大路欣也、香川照之が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook