Sexy Zone中島健人小芝風花がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の最終話が、9月14日に放送。ネット上では、2人の濃厚なキスシーンに衝撃を受ける人が多くいた(以下、ネタバレ含まれます)。

さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。

樋口拓也(赤楚衛二)、佐藤愛(小芝風花)
樋口拓也(赤楚衛二)、佐藤愛(小芝風花)

謎の作家・楠瀬凛​​の正体は樋口拓也(赤楚衛二)だった。これまで素性を隠してきた彼だが、「ザ・モスト」の廃刊を阻止するため顔をさらすという。宗介は、彼からインタビュー原稿データをもらったものの、樋口の今後のためにも諦めることに。しかし、樋口がこっそりと印刷所に連絡をし、楠瀬凛のインタビュー記事を掲載した「ザ・モスト」が完成。話題性も相まって、売り上げも増加。廃刊撤回が決まった。

ミッションを達成し、アメリカに呼び戻されることになった宗介。複雑ながらもオファーを受けるつもりだが、愛に伝えることができない。一方、総務部に戻った愛は、夏川ちかげ(日高のり子)から絵本作家に戻るため、アトリエで一緒に働く誘いを受けた。

佐藤愛(小芝風花)は夏川ちかげ(日高のり子)から一緒に働くよう誘われる
佐藤愛(小芝風花)は夏川ちかげ(日高のり子)から一緒に働くよう誘われる

宗介がアメリカ側からオファーを受けていると聞いた愛は、直接本人に問いただす。彼としては、愛とのことをどうすればいいのか迷っていたという。お互いの気持ちにズレが生じ、2人は言い合いになってしまった。

ちかげからの言葉、新しく経営の勉強をはじめた桐山梨沙(佐久間由衣)の姿を見て、愛はある決意をした。早速、宗介の自宅へ出向き「宗介、結婚しよう!」と壁ドン。自分は、ちかげのもとで働きたい旨を伝えつつ「キレイになりたいって思ったの。人ってやりたいことをしているとき、すっごくキレイに見える。私もそうなりたい」とアメリカに同行できないと告げた。宗介は、今よりもキレイな愛と結婚できることを楽しみにしている、と返答。彼もプロポーズするつもりだったらしく、指輪が用意されていた。

佐藤愛(小芝風花)
佐藤愛(小芝風花)

愛が帰ろうとした際には「帰らなきゃダメ?」と宗介。愛は慌てながら「もう遅いし、洗濯物しなきゃいけないし、植木に水をあげないと」と言い訳。一度は立ち去ったが、すぐに戻り「よく考えたら洗濯はべつに明日でいいし」とつぶやく。宗介は、そんな彼女を家に引きずりこんでキス。倒れこむ愛にさらにキスをして……。

ネット上では玄関の濃厚なキスシーンに「ここ優勝シーン」「最高に胸アツ」「ありがとうございます」との声があった。

なお、TVerで生放送シーンを含む完全版が9月17日(金)昼に配信される。

ページトップへ
Twitter Facebook