戦隊ヒロイン立石晴香、AbemaTVドラマで美大生のキャバ嬢役に

2017年10月11日 09:00

『動物戦隊ジュウオウジャー』(テレビ朝日系列)でアム役を好演した女優の立石晴香が、2018年1月クール『AbemaTV(アベマティーヴィー)オリジナルドラマ進出記念作品#声だけ天使』に、レギュラー出演することが決定。主人公・ケンゾウ役には、本ドラマが初の主演作となる若手俳優の亀田侑樹が抜擢された。

同ドラマは、劇作家、演出家、劇団扉座の座長であり、「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」など、数々の舞台やドラマを手掛ける横内謙介氏が「AbemaTV」のために書きおろした脚本。アニメの聖地、池袋を舞台に、声優に憧れ上京してきた主人公・ケンゾウと同じ志を持つ4人の仲間の、友情と純愛、挫折と希望を描く青春群像劇。夢追う若者の葛藤や想い、また純愛へのひたむきさといういつの時代も人の心を動かすテーマに、声優という現代の人気職業の切り口と、 “声”や“言葉”の力というエッセンスを入れ、若者のリアルな姿を描きだす珠玉の脚本と、地上波ドラマ作品と並ぶ本格的な制作体制で、総製作費3億円以上をかけた渾身の作品である。主演の亀田は、約1,000人のオーディションの中で、ケンゾウのイメージ通りだったと監督が惚れ込み、その演技力が高く評価された期待の若手俳優。ケンゾウが“声”を届けたことをきっかけに恋をするさくら役は、モデル、女優として活躍する仁村紗和が演じる。

そんな中、今回立石が演じるのは、さくらの過去を知る美大生の友人役。立石は「美大生でキャバ嬢の女の子ということでどちらも初挑戦、気合い充分で撮影に臨んでます。江津子は芯のある強い女性で、共感できたり尊敬できるところが多いので、気持ちに近く寄り添いながら演じることができました。美大生ならではの絵や作品に関わるシーンは、とても見応えのあるものに仕上がってると思います。皆さんに見ていただけるのが楽しみです!」と語った。

また、原作・脚本横内氏は「作家として、こんなやりがいのある話に巡り合うことは二度とないだろうと思い、このチャレンジに参加させて頂く決心をしました。この創作に全身全霊でぶつかれたことをとても幸せに思い、少しでも多くの方にこの作品を見て頂きたいと願います」、監督尾形竜太氏は「どうせやるなら、もう二度とやれない事をやってやろうと、メジャーキャスティングを一切やめて主役から全てオーディションで選ばせてもらいました。視聴者の皆様、どうぞ遠慮なくツッコミコメントをガンガン入れながら楽しんでください!」とアピール。

株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV」では今後もバラエティやリアリティーショーに加えて、オリジナルドラマの制作も積極的に行っていくことが決定している。

【関連リンク】

この記事を共有する

Twitter Facebook