・サタドラ「春の呪い」第4話をプレイバック!・夏美と冬吾は互いに似た部分を感じ、好意を持ち始める・夏美は偶然春のブログを発見。冬吾の母・聖美は、冬吾の新たな婚約者を見つける最愛の妹を亡くした主人公が妹の婚約者から交際を申し込まれる...複雑な想いが渦巻く奇妙な三角関係を描く、サタドラ「春の呪い」が毎週土曜夜11時25分から放送中!いけない恋に落ちる立花夏美を髙橋ひかる、夏美が溺愛する妹・春を桜田ひより、春の婚約者で財閥系御曹司の柊冬吾を工藤阿須加が演じている。▲第5話より最愛の妹を亡くした夏美が

大抵のラブストーリーは、恋する2人の間にライバルが割って入ったり、最終回直前になってどちらかに海外行きの話が持ち上がったり。そんな波乱と障害を乗り越えて結ばれたところでハッピーエンド。 でも、私たちが見たいのはハッピーエンドのその先で。恋が終わって、愛になる。その過程には生活があって。「2人は末永く幸せに暮らしましたとさ」のいう締め括りのその一文にあるものを知りたいのに、ドラマでは意外と描かれない...

ページトップへ
Twitter Facebook