「凪のお暇」などで知られるコナリミサトのマンガを連続ドラマ化した「珈琲いかがでしょう」(毎週月曜夜11時06分/テレビ東京系)が、4月5日(月)スタート。移動珈琲店"たこ珈琲"の店主・青山一がさりげない言葉で人生に少し傷ついた人たちの心を癒す、やさしくもほろ苦い人情群像劇。映画『かもめ食堂』『めがね』などで知られる荻上直子が監督と脚本を担当。爽やかで飄々とした雰囲気を持つ青山を演じるには「あの珈琲屋さんが中村倫也にしか見えない......」と原作ファンから待望論があったほど似ている中村倫也。撮影

4月12日(月)の「月曜プレミア8」枠は、松下奈緒主演の新シリーズ『脳科学弁護士 海堂梓 ダウト』(テレビ東京系、20:00~)が放送される。松下は、“脳科学”を駆使する異色の弁護士・海堂梓を演じる。

ページトップへ
Twitter Facebook