ついに最終回の日が...。2018年4月2日、「もっと青春を謳歌したい!」という生徒たちを募集し、青春高校の教室の扉は開かれた。このクラスの目標は理想のクラスを作ること。人生を変えたい、青春したいと集まったクラスメイト46人。それから出会いや別れもあったが、仲間たちと一緒に過ごした青春。そんな青春高校の高校生活がついに終わりを告げる。担任は三四郎(小宮浩信、相田周二)、学年主任が日村勇紀(バナナマン)。前回に引き続き、またもや「卒業式出たくない」と立てこもったきめしゅん(木目田俊)。「友だちに対

ページトップへ
Twitter Facebook