現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。2月23日(火)の放送では、さまざまなロス(廃棄)問題を特集。当事者たちの葛藤や工夫を重ねて苦境を打開する姿を追う。雪の上に投げ捨てた花「廃棄するしかない」花農家「堂前農園」(富山県高岡市)では、チューリップの収穫の時期を迎えていた。富山県は、チューリップの球根の出荷量全国1位。堂前農園では、年間約25万本のチューリップを出荷している。しかし、収穫する松永敏之さんは、

日本では少子高齢化による人口減少が将来に向けた課題のひとつに挙がっているが、一方で世界に目を向けると世界の総人口は増加の一途を辿り、それに伴い食糧需要も増加。食糧危機という課題に直面しようとしている。こうした中、ICTやサイエンスを活用して食に関する課題を解決したり、食の可能性を広げようと「フードテック」というビジネスが拡大しつつある。グローバルで700兆円市場と言われるフードテックとはどのようなものなのか。このセッションでは、「Next Meats HD」のCEOである白井良氏、「ユーグレナ」

ページトップへ
Twitter Facebook