1月25日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)では、独楽寿司・大和本店(神奈川県)で出会った櫻井京子さん(55歳)ご夫妻の家について行きました。

今回は、回転寿司のお皿に乗って回っているカメラに話しかけてくれた方に、お食事代を払う代わりに家を見させてもうら企画です。

カメラに向かって「猫たち3匹と、旦那と一緒に暮らしています」と話しかけてくれた京子さん。さっそくご連絡して、後日ご自宅へ!

homeii_20210126_image02.jpg
京子さん、ご主人の武さん(62歳)プラス3匹の猫と暮らすお宅は4LDKの持ち家。

homeii_20210126_image03.jpg
カメラをガン見しているのは、「一番懐っこい」というぽん太くん(2歳)。他にも、ちいちゃん(1歳)、かんくん(1歳)と、愛猫たちの名前は、京子さんが「嫌いではない」と教えてくれた(笑)、麻雀の用語にちなんでつけられています。

homeii_20210126_image04.jpg
部屋には「作るのが好き」という武さん手作りの猫戦車や猫マンションなど、猫が楽しく暮らせるグッズがあふれています。

homeii_20210126_image05.jpg
冷蔵庫を拝見すると、武さんが作ったおみそ汁が鍋ごと入っていました。京子さんの帰りが遅い日の料理は武さんが担当するのだそう。作り方がわからないので本を買ってお料理に挑戦しているという武さんに「形から入る男子」と、京子さんがツッコみます。

homeii_20210126_image06.jpg
リビングの棚には先代の愛猫たちの写真が飾られていました。「毎朝おはようと、(写真の)頭を撫でています」と、思わず涙ぐむ京子さん。

homeii_20210126_image07.jpg
明るいキャラの京子さんの後ろでニコニコしている武さん、夫唱婦随でベテランご夫婦かと思いきや...「まだ、新婚なの」と京子さん。

じつはお2人は結婚2年目! 京子さんは前夫と離婚、武さんは前妻と死別されているとのこと。

お互いにパートナーを失ったことで「家なき子になっちゃった。じゃあ、一緒に住むという形になった。愛とか恋とか燃えるものとか、そういう年齢じゃない」と明るく話す京子さん。「あんた燃えてる?」と武さんに無茶振りすると、「枯れてる」とポツリと呟いたあとにニッコリ。そんな武さんを見て大爆笑する京子さん。夫婦漫才のようにご夫婦の息はピッタリです!

homeii_20210126_image08.jpg
ご夫婦の寝室には、武さんの前妻の御位牌があります。前妻を突然死で亡くしてしまったという武さん。「どうして? なぜ? だった...」と、当時を思い出して涙ぐみます。

「大好きな奥さんだったんだよね。ここ(ご主人の元夫婦)は、一緒にいたときにお互い愛すだけ愛して...。とくに彼はめちゃくちゃ愛していたと思います」と、言葉に詰まる武さんに変わって、京子さんが説明。

さらに、熟年結婚ならではの「今後のお墓の問題」についても「彼は前の奥さんと同じ墓に入る。私は1人ぼっちなので、この子(猫)たちと一緒に...」とざっくばらんに話してくれました。

homeii_20210126_image09.jpg
改めて「結婚してよかったですか?」と伺うと、「この歳になって最初は結婚するなんて思っていなかったけど、楽しく生きないと」と武さん。「いつも幸せだって思えるように、努力も必要だし後悔しないでやれたらいいなと思っています」と京子さん。

燃える何かはないかもしれませんが、でもしっかりとご夫婦がお互いを慈しむ様子が伺えました。

homeii_20210126_image010.jpg
そんなご夫婦の2021年の抱負は?

京子さんが書いたのは「前進あるのみ」!

「どうしてこれを書いたんですか?」との質問に「筆で書いた」と小ボケをする武さん。そんな武さんに大爆笑する京子さんは、笑いが収まったところで「互いにある『後ろ』は人生交わっていないので、今後はもう「前」しかないから」とその意味を教えてくれました。

ご夫婦&かわいい愛猫たちと、これからも明るく楽しく"前進"し続けてください!

この放送は、「ネットもテレ東」で期間限定配信中です!

テレ東プラス

4月12日に放送された『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』(テレビ東京系、毎週月曜27:55~)は、東京都葛飾区在住の増田さん一家を訪問。自分が叶えられなかったプロ野球選手の夢を息子に重ねつつも、本人の意志を尊重したいと葛藤するパパの本音が語られた。

ページトップへ
Twitter Facebook