リハは1回だけ、本番一発勝負でお届けする水ドラ25「テレビ演劇 サクセス荘3」(テレビ東京ほか 毎週水曜深夜1時28分放送)が、1月6日(水)スタート! 人気の2.5次元俳優たちが集結、未来の成功(サクセス)を夢見る住人たちが住む「サクセス荘」での日常をコミカルに演じる人気シリーズも、ついに3期に突入。

success3_20200106_01.jpg
今回は、1期から出演の高橋健介さん(ミスター役)、2期から参加の小西詠斗さん(ケニー役)、3期から新たに加わる立石俊樹さん(マカロン役)のお三方にお話をうかがいました。作品への想いや演じる役どころから、ご自身にとっての"サクセス"などについても語ります!

高橋健介さんインタビュー

success3_20200106_02.JPG撮影:高橋健介

――1期、2期を経て3期への意気込みは?

「『サクセス荘』は、スタッフさんが下手したら僕たちより楽しそうという、いい現場で(笑)。また続編がやれてうれしいです。ただ、2期は1期のときよりみんな台本を覚えるのも早くなっちゃって。『なんとかなってしまうだろう』と気が緩んでいたというか、よくも悪くも緊張感が抜けてしまっていたような気がします。今回、新しく先輩も入ってきてくださるので、またギュッと気を引き締めて、全員でいい作品を作りたいです」

――3期ならではの新しさというと?

「新メンバーとして立石俊樹さん、唐橋充さんが入ってくださいます。二人とも共演したことがありますが、『サクセス荘』は舞台とはまた違うので、どういう感じで来るのか楽しみですね。それから、エンディングのダンスもこれまでとはまた一味違うものになっていて。『サクセス荘』の進化を感じました」

――高橋さん演じる、弁護士を目指す"ミスター"の見どころは?

「ツッコミ担当のゴーちゃんを演じる和田(雅成)さんは、サー役の荒牧(慶彦)さんが大好きなんですが(笑)、今回サーがいないので、雅くんのテンションが若干下がってるんじゃないかなと。なので、雅くんのテンションを僕が陰からプッシュアップして支えたいですね。そのためにも雅くんのことをよく観察します(笑)」

――ゴーちゃんのサポート役になると(笑)。2期は気が緩んでいたところもあったとのことですが、改めて振り返ってみていかがでしたか?

「即興劇で対決する"サクセス即興フェスティバル"を最終回に持って来たのが『サクセス荘』らしいなと思いました。普通、最終回って感動的だったり次に繋がる雰囲気で終わるのに、ただふざけて終わってしまったので(笑)。あとは、いつも回し役をしてくれるゴーちゃんとユッキー(髙木俊)がいない回に、よくも悪くも気を張りすぎちゃったな、と」

――あの2人がいないとミスターが回し的な役回りになるから......

「それで頑張りすぎて、ちょっと失敗しちゃったなっていうのはありますね」

――1期に比べて、お芝居以外にもやることが増えましたね。千羽鶴を折ったり。

「鶴の折り方を知らなくて、最初はめちゃくちゃな鶴が出来てしまいました(笑)。セリフを言いながら折り紙を折るのも、また難しいんですよ。特に最初のうちは鶴の折り方が体に入っていなかったから、苦労しました」

――みんなで歌を作る回もありました。

「演歌歌手を目指す虎次郎役のspiくんが入ってくれたおかげで、そういう方面にも広がりが増えたんですよね。感謝してます」

success3_20200106_03.JPG撮影:高橋健介

――2期からspiさんと小西さんが入って変わったなと思うことは?

「どうだろう? 第1、2回ぐらいまでは新しい存在という感じでしたけど、第3回以降はもう馴染んでて。すぐに"新しいメンバー"という意識は無くなりました」

――お2人とも存在感ありましたもんね。では高橋さんご自身が、サクセス荘のメンバーの中でここだけは負けないというところはありますか?

「僕、実家住みなので、"親のすねかじり具合"では誰にも負けないと思います(笑)」

――そうなんですね(笑)。ご実家だと不自由なことはないですか?

「まったくないですね。父親とか母親に『今日何時に帰ってくるの?』とか『ご飯要るの?』とか聞かれるのがちょっと大変だなっていうぐらい。一人暮らしをしたことがないので、それがもう当たり前になっちゃってます」

――では最後に、「サクセス荘」にちなんで、高橋さんにとっての"サクセス"とは?

「一つの壁、みたいなイメージがありますね。壁を登りきって、そこでいい景色が見える可能性もあるし、新しい壁が現れる可能性もあるし。サクセスしたと思っちゃうとそこで終わりだと思うんですよ。1個できるようになった、じゃあ次はこれ、次はこれ......となっていくのが理想かなと思います」

――俳優を目指す人にサクセスのためのアドバイスをするなら?

「人に優しく、ですかね。真剣に取り組んでいれば、きっと周りは助けてくれると思うので。『この人はこういう人だから適当に扱っていればいいか』と接するのではなく、全員に対して真正面から向き合っていくことが大事なんじゃないかなと思います」

小西詠斗さんインタビュー

success3_20200106_04.JPG撮影:小西詠斗

――2期から加入された小西さん、前回の「サクセス荘」を振り返ってみていかがですか?

「必死すぎて、あっという間に終わってしまって、もうその時の感情は覚えてないんです(笑)。でもとりあえず楽しかったですし、先輩方に揉まれてお芝居の面でも成長できたと思います」

――第6回の反省会で「楽しくなってきた」とおっしゃっていましたね。

「それまではいっぱいいっぱいだったんですけど、中盤ぐらいから周りも見えてきて、楽しめるようになりました」

――マジシャンを夢見るケニー役ですが、3期ではどんなケニーにしたいですか?

「いい意味で何をしでかすかわかんないような変わった子にしたいです(笑)」

――ケニーの能力はマジックなんでしょうか、超能力なんでしょうか?

「一応マジックということにはなっていますけど、自分でもまだあの謎の能力が何かは分かっていないところはありますね(笑)。ただ、"マジシャン"ということには変わりはありません。
変わったところといえば、お洋服ですね。銀色のシャツになりました。前より派手じゃなくなってちょっと寂しいですけど(笑)。皆さんにも新しいお洋服気に入って頂けたらいいですね」

――これまでのエピソードで印象的だったのは?

「僕がしっかり登場する第2回ですね。セリフを覚える時点で、『これを30分カットなしでやるのは大変そうだな』と思っていましたが、現場に入ってから段取りの多さにびっくりして。すぐランスルー、そして本番で、段取りを頭に入れてセリフも言いながら30分長回しだったので、頭がこんがらがって本当に大変でした。あれで『サクセス荘』の洗礼を受けた感じがして印象に残っています。最初が箱の中から出てくるシーンだったんですけど、中に入ってスタンバイしているときがいちばん緊張しましたね」

――共演者の皆さんからアドバイスはありましたか?

「『落ち着いてやればいいよ』と言っていただきました。『失敗しても誰かしらかが助けてくれるから思い切りやっていいよ』と。やっぱり周りの皆さんを見てると僕もふざけたくなって(笑)。途中からですけど、ちょっとずつは弾けられたかなと思います」

――「アドリブが難しい」とおっしゃっていましたね。

「難しかったですね〜。でも今ではアドリブが楽しいと思えるようになりました。『サクセス荘2 mini』(※注1)でもspiさんがたくさんアドリブしてきて(笑)。僕も楽しめるようになりましたし、アドリブがあったほうがもっと面白くなると思うようになりました」

※注1:2期放送後の2020年10月より、「あにレコTV」(毎週月曜深夜3時25分放送)内のミニコーナーで、舞台をリビングからキッチンに移して物語を繰り広げた。

success3_20200106_05.JPG撮影:小西詠斗

――個性的な出演者の皆さんですが、小西さんがこれだけはほかの人に負けないということは?

「なんだろう......。失礼かもしれないですけど、若さですね(笑)」

――最年少ですもんね(笑)。

「はい、皆さんに勝てるところはそれぐらいしかないかなって(笑)。あとはいつもニコニコしているところかな」

――第8回で、女性ものの浴衣を着た姿もとてもかわいかったです。

「ありがとうございます。あの回は楽しかったです。女装して、お祭りの屋台で遊んで。アドリブいっぱいで、自由にできました」

――では、「サクセス荘」にちなんで、小西さんにとっての"サクセス"とは?

「まだまだサクセスしてるとは思えないですね。悔しい思いもたくさんしてきましたし。これからサクセスを目指していきたいです」

――夢を叶えるために普段から心がけていることはありますか?

「お芝居のことは、家に帰ってからとか、お休みのときでも常に頭のどこかにありますね。"もっとこうしたらいいんじゃないかな"とか、いつも考えてます」

――オンエアを見返したり?

「そうですね。だいたい落ち込むんですけど(笑)。収録でも落ち込んで帰ることが多いです。良かったなと思うのはほんとたま~にです。中でも『サクセス荘』は、反省点が特に多いと思う作品ですね。まだまだ頑張りたいです」

立石俊樹さんインタビュー

success3_20200106_06.JPG撮影:立石俊樹

――3期からの加入! リハは1度だけ、本番一発勝負という「サクセス荘」に参加することになっていかがですか?

「前のシリーズを拝見させていただいて思ったのは、一発勝負ゆえに、サプライズ的なことが起こるのが見ているお客さんにとってもハラハラして面白いところなんじゃないかなと。出演する側としてはドキドキなんですけどね(笑)」

――演じられるマカロンはどんなキャラクターですか?

「ビューティーアドバイザーを目指している、美を追究する人。美に対してかなり強いこだわりを持っています。そのこだわりの部分が、話が進むごとに掘り下げられていくんじゃないかと思って楽しみです」

――ナルシスト的なところがあるキャラなんですか?

「だと思います。多分ナルシストじゃなきゃサクセス荘ではやっていけないんでしょうし(笑)。僕自身も、自分に自信を持ってやっていきたいですね」

――個性的なキャラの中でどのように存在感を出していきたいですか?

「これまで2期やっていて、皆さん相当深い繋がりが出来ていると思います。ただ、長い期間やってきているだけに、余裕ができている方もいらっしゃると思うんですよ。なので、ちょっと困らせてやろうみたいなところはあります(笑)。何か刺激がないと僕が入る意味がないですしね。作品を盛り上げるためにも異物感を与えられるような存在としてやっていければと思っています」

――「サクセス荘」メンバーには何かお話を聞いたりしましたか?

「今でも毎回大変だって聞きました。一日の収録で2回分撮ったりすることもあるらしいですし。僕は今回からの新キャラなので、最初のほうはセリフ量も多いし、その辺りも含めて大変じゃないかって。寺山(武志)さんからも『みんなで頑張ろう』と言っていただけて、少し安心しています」

success3_20200106_07.JPG撮影:立石俊樹

――エンディングダンスの撮影はいかがでしたか?

「ヒーローものをイメージしたダンスで、踊っていてワクワクしました。シュールで面白い、僕自身も好きな感じだったので、ちょっと自分の殻を破れたような(笑)。出来上がりが楽しみです」

――期待しております。ではサクセス荘にちなんで、立石さんにとっての"サクセス"とは?

「時間に余裕があって、お金にも余裕があって、家族や大切な人と過ごす時間が持てること。それから、僕はやっぱり表現することが好きなので、その中でも表現を届けられていたら最高ですね。......成功って難しいな(笑)」

――今のサクセス度合いは何%ですか?

「僕が芸能界を目指し始めた頃から比べればいい具合だと思うんですけど......もっともっと伸びしろがこの先あるって考えると30%ぐらい。満足していないわけではなく、もっと上を目指して頑張っていきたい、という意味での30%ですね」

――サクセスのために心がけていることはありますか?

「自分が行きたい環境に身を置くためには、その瞬間を楽しんだり、周りの人を大切にしたり、いろんな要素があると思います。それらがどんどんつながって、いい未来になっていくのではないか、と。目の前で起こる一つ一つのことを日々大事にしていきたいと思います」

飄々としつつも俯瞰で座組を見つめる高橋さん。ひたむきにより良いものを追求する小西さん。初参加の緊張を滲ませつつ新風を吹き込もうと意気込む立石さん。作品にかける三者三様の想いが、こちらにもひしひしと伝わってきました。そんな彼らが新たな人間模様を織りなす、ドキドキとハラハラに満ちた「テレビ演劇 サクセス荘3」。放送をお楽しみに!

(取材・文/高瀬純)

1月6日(水)深夜1時28分から放送の「テレビ演劇 サクセス荘3」第1回は?

第1回
都会の片隅にひっそりと佇む一軒のアパート「サクセス荘」。そこには、"ひと旗あげたい"と成功を夢みる若者たちが住んでいて、いつか必ず夢を叶えて巣立っていくという伝説があった...。ケニー(小西詠斗)と虎次郎こじろう(spi)が、リビングにいる怪しい男を発見。ずっとここに住んでいると話す男の正体は一体...?そしてまた入居希望者がサクセス荘にやってくる。新人の入居審査の面接を担当する3人をダーツで決めることに!

テレ東プラス

北川景子が主演を務めるドラマ『リコカツ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第5話が、5月14日に放送。一度は結婚生活の継続を決めた2人が再びすれ違ってしまう展開に、インターネット上では様々な反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook