「面白い! エンディングの東京事変と山口紗弥加さんが最高すぎる」とSNSでも話題沸騰! 毎週水曜深夜0時58分に放送しているドラマパラビ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」。同作は2019年に開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」の入賞作品で、今年10月に書籍化(著:松本千秋)。同コンテストの入賞作品をドラマ化した初めての作品だ。友人の勧めで、好奇心からマッチングアプリを始めた38歳の主人公・松本チアキ(山口紗弥加)。恐る恐る覗いたアプリの

大抵のラブストーリーは、恋する2人の間にライバルが割って入ったり、最終回直前になってどちらかに海外行きの話が持ち上がったり。そんな波乱と障害を乗り越えて結ばれたところでハッピーエンド。 でも、私たちが見たいのはハッピーエンドのその先で。恋が終わって、愛になる。その過程には生活があって。「2人は末永く幸せに暮らしましたとさ」のいう締め括りのその一文にあるものを知りたいのに、ドラマでは意外と描かれない...

ページトップへ
Twitter Facebook